DhamekStupa
_MG_8242
BuddhaShakyamuniFace

VOICE NEWS

VOICE
本日のことば
釈尊の教法
2021.05.29
心の時間軸を移動し、煩悩を制圧してゆくもの
如来の言葉を、その発生時期を通じて分類すれば、まずは法輪というのは何かということを考え、その上で三転法輪の転法輪のそれぞれが一体如何なるものなのか、ということを説明しよう。 まずは法輪とは何か、ということを考えるためには、法輪の定義、何故「法輪」と呼ばれるのか、法輪の分類としてど […]
VOICE
本日のことば
釈尊の教法
2021.05.28
寂静や涅槃へ至らしめるもの、それが如来の言葉である
如来の言葉(*वचस्, གསུང་)のことは、仏説・仏語・仏言などと様々な術語で呼ばれているが、そもそも如来のことばというのは如何なるものであろうか。 如来の言葉や仏説とは、まず法と呼ばれるに相応しいものと関係したものを表現対象をとしているものである。そして、欲界・色界・無色界 […]
VOICE
本日のことば
釈尊の教法
2021.05.27
一切の苦しみと障害を取り払うもの、それが正法である
本日はサカダワの16日である。昨日まで見てきたようにサカダワは釈尊の入胎あるいは降誕・成道・涅槃の三つの行状が行われた特別な月であり、実はこれまで見てきたように、これらは何かのはじまりである。一般的には釈尊は成道後、49日間、鹿野苑で6月4日に説法を開始されるまでの間沈黙を保たれ […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.26
沙羅双樹の下で獅子が眠るように
釈尊は大乗と小乗の法輪を無数に転じられて、無数の神々と人間たちを教化されたので、御歳80歳の丑年には、釈尊に退散させられて以来活動休止状態になっていた魔王が、もう充分仕事もなさったので、そろそろどうか涅槃してもらえないだろうか、と打診してきた。釈尊は、ご自身が教化しなくてはならな […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.25
八万四千の法蘊と三万三千の怛特羅の転法輪
36歳の4月15日に成道の相を示された釈尊は、最初の週は菩提樹の下にそのまま留まられていた。そして第二週には三千大世界の端まで歩いて行かれたが、第三週には再び戻られて菩提樹を瞬きせずに凝視されていらっしゃった。 第四週目には東の海と西の海の端から端まで歩いて行かれた。菩提樹の下で […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.24
最勝化身による無上正等覚
四月十五日の未明に、魔の大軍を退散させた後、釈尊は四禅を成就して、初夜において、天眼通を得てすべての衆生がいま如何なる業によってそこに生まれ、そこで如何なる業によってどのような暮らしをしているのかのすべてを見渡すことができる天眼通による智見明(jñānadarśanavidyā) […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.23
大地に触れる指先が魔物たちを撤退させる
釈尊は、無上菩提を得るまではこの座から決して起き上がるまい、と決意し、坐につかれると十方の菩薩たちがこれを祝福しにやってきて、十方の如来たちは、釈尊が人間の肉体をもちながら、これから成道される、と宣言した。欲界に君臨する、ならず者たちは、これを聞き、釈尊が菩提への道に至るのを邪魔 […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.22
三千大千世界の中心にある如来となる場へ
4月14日の午前にナイランジャラー河の畔の村でスジャータによる乳粥の接待を受け、そのまま釈尊はこれから魔を退けて現等覚しようと決意されて「菩提の場」(ボーディマンダ)へと進まれた。その一歩一歩の歩みは、最高に優美であり、無垢であり、大地を響かせ、山をも振動させ、これまでにこの世界 […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.21
6年間の苦行と精進波羅蜜
釈尊は29歳の7月8日にカピラヴァストゥを去り、出家して乞食の沙門となった。そこから苦行に入るまで3ヶ月間は各地を托鉢しながら遊行していった。 ヴァイシャーリーの仙人たちの地と呼ばれるところで、当時様々な方法で様々な苦行を実践し修行者たちが暮らしていた。そのなかでもアーラーダ・カ […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.20
死を超克するために出家する
出家への要請 釈尊はシダールタ王子として結婚し皇位継承者を授かり、将来の王としてなすべきことの全てを達成した。しかしこれはあくまでも在家の王としての役割であって、ここに生まれてきたのは王となるべく人物として為すべきことを為していくことではない。ここに生まれてきたのは仏になるとはど […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.19
カピラヴァストゥの皇太子と皇太子妃
本日はサカダワ月の七日目にあたり、本日も伝統的な仏伝のエピソードを紹介したい。 以下に述べるエピソードは、これまでと同じくデプン・ゴマン学堂の教科書を表したクンケン・ジャムヤンシェーパの『現観荘厳論第八章考究明・如意宝蔓・賢劫開眼』の十二行相の第五相に関する記述をそれが出自として […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.18
学友たちと過ごした日々
仏教の指導者として活動するためには、少なくとも世間の学問に通じていることも極めて大切なことである。『大乗荘厳経論』では菩薩は内明・声明・因明・医明・工巧明よりなる五明に通じていなければ仏になれないと説いているし、この世に生まれてきたすべての人間が人間がこれまで築き上げてきた文明に […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.17
大地を七歩歩かれて「わたしはこの世間で最勝なる者である」と説かれた方
釈尊は兜率天より母君である摩耶夫人の胎内の宮殿に十ヶ月間おられたが、兜率天から白象の姿で右腋の下から入られたその時すぐに生後六ヶ月程度の姿へと変化された。これは通常の一般の結生相続の過程はスキップしたということであり、通常胎生の衆生であれば母胎に結生相続してから徐々に眼や耳や手足 […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.16
白い象の姿で母摩耶夫人の胎内へ
静謐な時のなか、地上は滑らかになった。宮殿のなかには尖ったものがなくなり、何かが刺さって痛みを味わうこともない。大理石の床に転がっている小さな尖ったものを踏んでしまうこともない。どこにいっても釘や棘のある草木が落ちていることもない。部屋を歩こうとも回廊を歩こうとも、いつも素足で安 […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.15
兜率天からいつどこへ出立なされたのか
釈尊はいまより遥か昔にすべての衆生の苦しみを解放するために、自分自身がブッダになり、どのようにしたら私たちが苦しみから解放されるのかを教えるで衆生を利益せんと菩提心を起こされた後、三阿僧祇劫もの期間、資糧を積集してすべての煩悩と知性の障害を克服され、色究竟密厳浄土にて現等覚されて […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.14
釈尊は如何にブッダとなったのか
現在賢劫に地上に降臨される如来のなかで、四番目に来られたのが釈尊で、その前任者は迦葉仏である。五番目に降臨されるのは弥勒仏であるが、これらすべての如来はこの地上、すなわち閻浮提へと降臨される直前は、欲界の兜率天の宮殿で神々に説法をされている。三阿僧祇劫の最後に釈尊は迦葉仏に師事し […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.13
釈尊はどのくらいの期間修行をしたのか
釈尊が、すべての衆生を苦しみから解放するために、仏の境地を実現しようと決意した、釈尊の最初の発心がどのように起こったのか、ということを前回は簡単に見たが、その時からいま私たちが学んでいる仏教を説かれた釈尊がインドに2500年前に降臨するまでは、非常に長い時間が経過している、という […]
VOICE
本日のことば
釈尊の行状
2021.05.12
釈尊ははじめに菩提心をどのように起こしたのか
私たち仏教に関わるすべての人間は、いまから2500年前にインドで釈尊が説かれたブッダの教えに何らかの形で関わっている者である。仏教とは釈尊教えのことであり、仏教に対する信仰をもっているのかどうかに関わらず、仏教のことを耳にしたことのない人はいないであろうし、釈尊のことを聞いたこと […]
VOICE
参学への道標
本日のことば
2021.04.26
適切な食事や睡眠の分量を知る
貯えやしがらみに溺れて見通しもない 食事や睡眠の適量すらも明白に分からない 過剰な摂取や睡眠の悪意に惚け耽溺して 外出しては四方山の噂に気を取られている 棄てるべき類を成すべきものと違わぬよう いざ 17 仏教を学ぶということは極めて私的な営みにほかならない。それは自身の行動、言 […]
VOICE
弥勒仏への悲讃
本日のことば
2021.04.25
破壊と暴力が勝利することはない
神々たちは権威と名誉に嫉妬し 燃え上がる炎で安心感を破壊する 戦争によって身体を粉々に砕いて 謀略に汚れて正義を見失っている 21 阿修羅は、生まれながら人間よりも圧倒的な知性を持ち、堅固で特殊能力を有する神々の肉体をもっている。しかし常に他者との相対的な比較によってのみしか、自 […]