最終更新日:2019.07.16
ཆོས་འཁོར་དུས་ཆེན་

初転法輪祭

地上ではじめて釈尊が説法をなされた日
事務局

初転法輪祭とは

チベット暦で6月4日にあたるこの日は、お釈迦さまがはじめて私たちに説法を行なった日です。お釈迦さまは4月15日にさとりを開かれ、その後7週間説法を行なわなかったといわれています。

そして6月4日、ベナレスの鹿野苑で初めて説法を行われました。これを「初転法輪」といいます。そこでは、我々の人生そのものが苦しみそのものであること、そしてその苦しみには原因があること、そしてその苦しみの原因をなくすことによって絶対的な幸せの境地が実現できる、という四聖諦の教えが説かれました。

地亥歳初転法輪祭

  • 名称:地亥歳初転法輪祭
  • 日時:2019年8月4日(日)チベット暦6月4日
  • 時間:特別法要:10:00〜/特別法話会:13:00-16:00 /護法尊供 16:00〜
  • 拠所:弥山三鬼大権現西広島別院 真光院(新拠所)
       〒733-0822 広島市西区庚午中2丁目14-32
  • 導師:ゴペル・リンポチェ3世ガワン・ニェンダー師
  • 特別法要:諸尊招請・灌仏法要・善住開眼法要
  • 特別法話会:『仏説・縁起法頌』講伝

ご祈願の申し込み

初転法輪祭に因んでご祈願・献灯を募集いたします。以下のカートよりお申し込みください。

MMBA Store →
MMBAストアで初転法輪祭のご祈祷を申込みする


RELATED POSTS