ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパ

ゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパ(1357-1419)はチベット仏教最大の思想家にして、彼の構築したシステムマティックな仏教解釈の伝統は、現在でもチベット仏教ゲルク派のすべての学僧によって学ばれているだけではなく、多くの仏教解釈のスタンダードとなっています。

ジェ・ツォンカパの著作


ジェ・ツォンカパ最新情報