Slider

GOMANG NEWS

2019.03.31
デプン大僧院の僧衆が集結しました

デプン大僧院はゴマン学堂とロセルリン学堂、デヤン学堂、ガクパ学堂と現在も4学堂がありますが、在籍する全僧侶を合わせると4000名以上もの僧侶が在籍しております。時々その時に僧院に滞在している僧侶全員が集まって集合写真を取 […]

2019.03.25
2019年3月22日、デプン大僧院にてダライ・ラマ法王の長寿祈願の法要が行われました。

2019年3月22日、ダライ・ラマ法王の侍従神である護法尊ネーチュンによって発表された授記にもとづきダライ・ラマ法王の身口意の三密には、いまのところ障害は全くありませんが、衆生が福徳を積集するために、デプン大僧院に在籍す […]

2018.12.28
2019年・第17ラプジュン地亥歳デプン・ゴマン学堂カレンダーができました。

毎年発行されている本山デプン・ゴマン学堂の2019年度(地亥歳)のカレンダーができました。本山と日本別院は主にこのカレンダーに従ってすべての行事が運営されていきます。

2018.11.21
科学に関する展示・議論・試験が行われました

本山デプン・ゴマン学堂では、ダライ・ラマ法王のご指導に基づき近年では、自然科学の知識を僧侶たちが深めるために、僧院の公式なカリキュラムとして自然科学に関する学習も行なっています。本年度のこの教育課程のしめくくりとして、自 […]

2018.11.21
本山デプン・ゴマン学堂では護法尊大黒天の十万供養が行われました。

デプン・ゴマン学堂の護法尊は、観音菩薩の忿怒形ふんぬぎょうである、護法尊・大黒天に対する毎年で一番大きな供養の法要が、2018年11月20日・21日の二日間かけて行われました。

2018.07.13
台湾からの医療ボランティアの皆様が来られ、僧侶たちの健康診断・歯科治療などが行われています。

本山デプン・ゴマン学堂は、本来はチベットのラサにありますが、現在はインドに亡命して南インドのモンドゴットという場所にあります。このたび7月12日から16日の4日間、台湾から来られた医療ボランティアである「台灣Jam Ts […]

2018.04.30
釈尊の中転法輪に因んだ法要が行われ、「修習」(瞑想)とは何かということについての指南が行われました

チベット暦3月15日は、釈尊が、王舎城の霊鷲山の上にて、般若経を説き始められたのと同時に、南インドのシュリーダーニヤカタカにて、時輪根本タントラを説きはじめられた日であるとする伝統があります。本日2018年4月29日には […]

2018.04.28
デプン・ゴマン学堂の通年試験が開催されました

デプン・ゴマン学堂の一年間の授業の成果をテストする通年試験が行われました。

2018.04.21
本山デプン・ゴマン学堂に最近出版された大蔵経が奉納されました

本山デプン・ゴマン学堂では最近出版された洋装本の大蔵経が寄贈されて、奉納され、学堂長、維那、経頭、寺務長、図書館長をはじめとして、主要な役僧たちによって開眼供養(善住)の法要が行われ、ゴマン学堂図書館に奉納されることとな […]

2018.01.04
本山デプン・ゴマン学堂では故ケンスル・リンポチェ・ヨンテン・ダムチュー師の葬送の儀が行われました

本山デプン・ゴマン学堂では、年末に示寂の相を示された、シュンパ・ケンスル・リンポチェ・ヨンテン・ダムチュー師の葬送の儀がデプン・ゴマン学堂問答法苑にて、デプン大僧院座主ケンスル・リンポチェ・ロサン・テンパ師を導師にお迎え […]