246705504_1242883746123962_1129783357432613626_n
246705504_1242883746123962_1129783357432613626_n
previous arrow
next arrow

GOMANG NEWS

2021.10.26
本年度のゲシェーの学位取得者の問答会・祝賀会が開催されました
2021年10月16日、本年度の最大の行事である本学堂にてゲシェーの学位を取得するために、ゲシェー・ツォクランパ、ゲシェー・カチュパ、ゲシェー・ドランパの候補者による問答会・祝賀会が開催されました。
2021.05.29
チベット中央行政機構の新首相(執政・主席大臣)の宣誓式ならびにご就任、前執政のご退任に関して
本学堂では先日行われた総選挙にて第16次内閣の執政として選出され、このたびサカダワの16日(2021年5月27日)に新しい執政に宣誓就任されたペンパ・ツェリン氏へ本学堂一同心よりのお祝いを申し上げます。この執政の任を行われるその期間中、ダライ・ラマ法王猊下ならびにチベット人行政機 […]
2021.05.27
次期維那候補にハルドン・ゲシェー・ガワン・ジクゲル師が選出されました
2021年5月27日 本学堂では主要な役職にあたる僧侶は、本学堂の最高意思決定期間である16学寮代表者委員会によって行われています。 このたび委員会の意向を踏まえ、本学堂の代表者である管長、本学堂の法規の執行者である維那、本学堂の法要の責任者である経頭の3名の理事、ならびに未来運 […]
2021.05.26
本日2021年5月26日、サカダワ大祭の法要が行われました。
2021年5月26日 本日チベット2148年第17ラプジュン鉄丑年4月15日、釈尊の三縁日が合集した殊勝なる日、本学堂ならび有縁の様々な場所におられる篤信の教法の施主の多くの方々からの供養と誓願を受け、その祈願とともに本学堂大集会殿にて、大経頭師を中心に妙えなる声をもつ僧侶ととも […]
2021.05.05
本学堂における重篤患者の治療費へのご支援のお願い
平素はパルデン・デプン・タシ・ゴマン学堂における求道の僧徒に対して、さまざまな形にてご支援を賜り誠に有り難く厚く御礼申し上げます。 さて、本学堂では、学堂に在籍する僧侶のための福利厚生事業のひとつとして、僧侶たちが病気になった場合に医療費を支給しており、特に重篤な病気になった僧侶 […]
2021.04.27
本山デプン・ゴマン学堂にて2020年度決算報告会・理事会が行われました
本日2021年4月27日、本山デプン・ゴマン学堂では学堂長、維那、経頭、の三役をはじめ事務局並びに16学寮(カンツェン)の代表、未来運営委員会のスタッフが集まり昨年度の年次総会が開催されました。年次総会では昨年度の決算報告も行われ、アメリカ、ロシア、台湾、日本といった公式の各支部 […]
2021.02.17
【訃報】ゲシェー・ロサン・チャンパ師
昨日2021年2月16日早朝、2000年、2001年、2005年と来日されたザンスカールのトンデ僧院出身のゲシェー・ロサン・チャンパ師が、カルムイク共和国にて新型コロナ感染症にて弟子たちに仏法の実践を促すため、御年65歳にて、示寂の相を示されたとのことです。 ゲシェー・ロサン・チ […]
2020.11.17
薬師如来とターラー菩薩に感染拡大の早期終息のための祈願法要を行いました。
2020年11月11日(水)、本山デプン・ゴマン学堂では、学堂が現在あるドークリン・チベット難民居留区の代表をお迎えし難民居留区および全世界における感染拡大の早期終息を祈願する法要を薬師如来・ターラー菩薩に対して学堂の役員ならびに化身ラマたち、そしてカーラム学級ならびにゲシェーた […]
2020.11.17
釈尊降臨大祭法要が行われました
2020年11月7日、(チベット暦第17ラプジュン鉄酉歳9月22日)は釈尊が三十三天から地上に降臨された釈尊の四大節の縁日でした。例年「波羅蜜吉日」(パルチン・ドゥーサン)といって、学堂で般若学の学習を終えた者たちが、学業の成就を祝い、学堂の僧集に感謝の念をこめて、僧集の全員を広 […]
2020.10.24
モンドゴッドにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報(10月24日)のご報告
本山デプン・ゴマン学堂のあるモンドゴット・ドークリン難民キャンプでは新型コロナ・ウイルスへの感染者が拡大しています。 PCR検査数:3500人以上 陽性者数:377名 回復者数:246名 死亡者数:5名 現在治療中:170名 推定総人口:16,000人 このたびゴマン学堂でも感染 […]
2020.10.18
PCR検査にあたって「新型感染症の拡大は、私たちが善業を積むための素晴らしい機会であり、これを喜びとすべきなのです」との学堂長からお話がありました。
世界第2位の感染者数・1日あたりの増加数が世界第一となってしまったインドですが、デプン・ゴマン学堂では、先日はPCR検査などを行い、再びロックダウンを二週間強化するという措置をとっています。 今回のPCR検査にあたって、ケンリンポチェ・ロサン・ギャルツェン学堂長からは次のような基 […]
2020.10.16
本山デプン・ゴマン学堂にてもPCR検査の実施がはじまりました
昨日インド政府の指導のもと、本山デプン・ゴマン学堂にても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するPCR検査が感染した可能性がある僧侶たちを中心に実施されました。本山デプン・ゴマン学堂では2000名ちかくもの僧侶たちが共同生活を行なっており、これまでも徹底した外出制限や […]
2020.10.14
本山デプン・ゴマン学堂の期末試験がブリヤート共和国でも開催されました。
デプン・ゴマン学堂試験委員会は、ロシアのブリヤート共和国の首都ウランウデ近郊の寺院から留学している僧侶たちが現在は、現在新型コロナウイルスの感染拡大のために帰国中のため、本年度の学堂の学年末試験のうち、筆記試験のみを現地に派遣しているスタッフの強力の下て実施しました。日本でも大聖 […]
2020.10.12
本山デプン・ゴマン学堂の期末試験がモンゴル、ウランバートルのガルダン僧院で開催されました。
デプン・ゴマン学堂およびモンゴルのウランバートルのガルダン僧院は、現在新型コロナウイルスの感染拡大のために帰国中の僧侶たちの学習に支障があってはならない、との目的で、本年度の学堂の学年末試験のうち、暗記の試験を現地にて実施することとなり、無事に暗記試験を行うことができました。 ウ […]
2020.10.08
モンドゴッドにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報のご報告
中華人民共和国湖北省武漢市において,2019年12月以降,新型コロナウイルスに関連した肺炎の集団感染が発生し、その感染拡大により現在世界的な感染流行の状態にあります。WHOの発表によれば、現在のところ世界人口の10人に1人が感染した可能性があり、残りの9割の人々が依然感染リスクに […]
2020.08.06
本山護法尊大黒天特別供養会・初転法輪大祭
2020年7月24-26日、釈尊がはじめて説法を行われた初転法輪大祭に伴い、本山では護法尊大黒天の特別供養の法要が行われました。通常であれば、本堂にて全員集合して行うのですが、今回は各学寮や僧房などにソーシャル・ディスタンシングをしながら分散して行いました。 今回の法要の施主とし […]
2020.06.01
緑多羅四曼陀羅供養
2020年5月30日、本日はチベット暦のサカダワの8日となり、月例の緑多羅四曼陀羅供の法要の日でした。現在は本堂に僧集が一同に会して法要を行うことができませんので、本日午前6:00よりそれぞれが居住している自分たちの学寮などの仏殿や屋外などに距離を通って、集合し緑多羅菩薩に曼陀羅 […]
2020.04.17
新型コロナウイルス感染症予防政策に関する社会福祉事業への寄付報告
デプン・ゴマン学堂では、今回のインド政府ならびに地方行政府による新型コロナウイルス感染症予防に関する政策に支持を表明し、同時にこれまでの難民支援への深い感謝の念を込め、インド首相厚生基金、カルナタカ州知事厚生基金、地域の行政体に対して感染症対策経費として、合計190万4000イン […]
2020.04.12
ムンドゴッド近隣に滞在する移動労働者のみなさまにマスクや穀物などの生活必需品を支給しました
新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、インドでは、3月25日から21日間は完全封鎖命令が発令され、完全な商店や事業所、工場、オフィス、市場、礼拝所などは閉鎖され、州間バスや地下鉄は運行を停止し、建設作業も封鎖期間中はストップしています。このためチベット難民居留区の近郊にて建築 […]
2020.04.11
チベット亡命政権宗教省の要請に応じて疫病除散法会が行われました
チベット亡命政権宗教省の要請として、ネーチュンの授記に基づき、現在の新型コロナウイルス感染症のパンデミックの早期終結を祈願した、ターラー菩薩の礼讃文十万遍、ナーランダーの賢者・成就者の礼讃文百遍、観音菩薩礼讃文千遍、吉祥天女の礼讃ならびに供養千遍、吉祥天女への請願法百遍などを含め […]