カテゴリ:ダライ・ラマ法王

ダライ・ラマ法王
2019.07.12
2019年7月28日(日) 日本別院開創十五周年 善資廻向法会

このたび諸般の事情より日本別院の拠所を龍蔵院から真光院へと移転することとなりました。 2004年7月28日に開創して以来、約15年間に渉り、ダライ・ラマ法王をはじめとする本山の数々のラマや僧侶、そして日本仏教の様々な宗派 […]

2019.07.07
ダライ・ラマ法王御誕生日法要

2019年7月6日、本山デプン・ゴマン学堂では、満84歳のお誕生日をお迎えになられたダライ・ラマ法王のお誕生日をお祝いし、集会殿にダライ・ラマ法王の影像をお迎えし、供養・長寿祈願・焼香供養の法要を行いました。

2019.07.05
龍蔵院浄化槽緊急修理工事へのご支援のお願い

謹啓 時下ますますご清祥のこと、お慶び申し上げます。平素はデプン・ゴマン学堂ならびに弊会に対して多大なるご厚情を賜り誠にありがたくあらためて深く感謝申し上げます。 さて弊会では2000年以来、広島市東区牛田東にある高野山 […]

2019.07.01
2019年7月の行事日程

ダライ・ラマ法王お誕生日長寿祈願法要 日時:2019年7月6日(土)午前10:00- 会場:龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院 大聖院弥勒祈願祭 日時:2019年7月8日(月)午前11:00- 会場:大本山大聖院観音堂弥勒 […]

2019.05.25
せめぎあう合う伝統の間で

かつて日本にはチベットの僧侶たちが暮らす正式なチベットの僧院というものは存在していなかった。正式なチベットの僧院として活動するためには、4名の僧侶が布薩・安居・自恣講という根本の三儀式というものを行なっていなけれらばなら […]

2019.05.18
修習の日

チベット暦3月15日は、釈尊が霊鷲山において般若経を説かれたとの同時に、南インドでカーラチャクラタントラを説かれたと縁日であるということに基づいて、ダライ・ラマ法王のご指導のもとに、多くの僧侶が一度に会して修習を行うひと […]

2019.05.10
修行のための相応しい場所と部屋とはどのようにあるべきなのか

いよいよ令和の時代がはじまった。先日の大型連休では、菩提道次第論の加行法についての解説が高輪で行われ、連休中にも関わらず、いつものメンバーが参加して下さった。 加行六法の最初は「適切な居室を清掃する」というところからはじ […]

2019.03.25
2019年3月22日、デプン大僧院にてダライ・ラマ法王の長寿祈願の法要が行われました。

2019年3月22日、ダライ・ラマ法王の侍従神である護法尊ネーチュンによって発表された授記にもとづきダライ・ラマ法王の身口意の三密には、いまのところ障害は全くありませんが、衆生が福徳を積集するために、デプン大僧院に在籍す […]

2019.03.13
2019年3月15日 護法尊特別供養「夜摩法王歓喜復誓法」修法

夜摩法王は閻魔大王とも呼ばれ、地獄の王ですが、釈尊に仏教がこの世に存在する限り仏教を守り、仏教を実践する修行者の順縁を成就して、逆縁を退ける請願を立てて以来、仏教の護法尊としていまも活躍しています。 日本別院では無上瑜伽 […]

2018.12.28
アボとゲンギャウは久しぶりに釈尊成道の地、ブッダガヤで再会しました

ダライ・ラマ法王によるブッダガヤで行われている会議や伝授会に参加するために一時インドに帰国中のアボはラダックでの前行を終えたゲンギャウと再会し、久しぶりに一緒にお参りをしたり、法話会に参加したりしています。

2018.12.28
釈尊成道の地、ブッダガヤにてダライ・ラマ法王を中心に学術大会・会議・法話会が行われてます。

日本での法話会などの日程を終えられてインドにお戻りになられたダライ・ラマ法王は、一度ダラムサラに戻られた後、釈尊が三十三天からこの世界に再び降臨された場所であるサンカーシャにてインド人の所化を対象として『入菩薩行論』の法 […]

2018.12.06
チベット式・寺院参拝の心得

12月になり、そろそろ年末が近づいてきました。これからの年末年始には神社や寺院などを参拝する機会も多くなります。そもそもお寺をお参りしたり、巡礼するということは、どういうことなのか、そしてどのような気持ちでお参りすればい […]

2018.12.04
84,000頭の巨大な象に乗せても運べない教え

釈尊は、所化の意思に答えるための「八万四千の法蘊」を説かれたといわれているが、そのたったひとつの「法蘊」がどのくらいの分量なのか、といえば、文字にして経典として編んだ時、その巨大なる象に乗せても運べないくらいの量だ、と伝 […]

2018.11.27
今世紀の仏教徒として日本人が取り組むべきこと

2018年11月22日、ダライ・ラマ法王は福岡をご訪問なさり、南岳山東長寺を拠所とする法要『平安・平和への祈り in 福岡』へとご参列なさり、近年の災害で亡くなられた方々のために追悼法要を行なってくださいました。以下その […]

2018.11.24
すべての苦しみから解放されるため、般若心経を唱える

2018年11月22日、ダライ・ラマ法王は福岡をご訪問なさり、南岳山東長寺を拠所とする法要『平安・平和への祈り in 福岡』へとご参列なさり、近年の災害で亡くなられた方々のために『般若心経』『極楽往生請願文』を読誦される […]

2018.07.10
ダライ・ラマ法王からお見舞いのメッセージが安倍首相宛に送られたとのことです

本日、現在ラダックのレーにおられるダライ・ラマ法王から安倍首相宛にこのたびの西日本での災害に対してのお見舞いと亡くなられた方へのお悔やみの親書が送られたのことです。 親書の中で、ダライ・ラマ法王は、「多くの命が失われ、そ […]

2018.06.30
ダライ・ラマ法王猊下より故クンリン・ヨンジン・ゲン・ロサン師の速やかな再臨を祈願するための祈願偈をいただきました。

弊会の第二代目の指導者として何度も日本に来ていただき、法輪を転じていただきましたが、一昨年示寂の相をお示しになられた、クンリン・ヨンジン・ゲン・ロサン・ツルティム師の速やかなる再臨者を願う祈願偈をクンデリン・リンポチェな […]

2018.05.09
ネガティブな感情をどうするのか〜ダライ・ラマ法王によるアドバイス

ダラムサラにあるダライ・ラマ法王の宮殿にて、若い女性のグループ謁見に際してあるインド人女性が「ネガティブな感情をどうしたらいいのですか」という質問に法王は次のようにお答えになられました。以下内容を翻訳させて抱きます。 【 […]

2018.04.25
本日はパンチェン・ラマの29歳のお誕生日:ダライ・ラマ法王の報道陣の質問に対する回答

ダライ・ラマ法王は、本日29歳のお誕生日を迎えるパンチェン・ラマは現在もご存命であり、きちんと仏教の教理を学ぶ機会に恵まれ、仏教を学び続けておられるという出自の明らかな情報を耳にされたと報道陣に向かってお答えになりました […]

2017.11.08
12月のご案内ダライ・ラマ1世、パンチェン・ラマ1世の師であるジェ・ツォンカパの供会

兜率五供・万灯会・師資相承供会 昨日は木枯らしの中、リンポチェが東京からおかえりに。アボさんは数日かけてお一人でライトの設置と落ち葉がき。「朝ちゃんと掃いてます」って書いて貼っとこうか、というほど振り向けば落ち葉(チベッ […]

人気のある記事

  • 2019年9月の行事案内 暑い夏もほぼ終わり、先週まで毎日のような雨の日が続いておりましたが、徐々に天候もよくなり、朝夕には秋の虫の声...
  • 三士菩提道次第広論 『三士菩提道次第広論』とは ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパの代表的な著作である。日本では古くは長尾雅人博士によ...
  • カレンダー 文殊師利大乗仏教会では、チベット暦に従った伝統的な行事をはじめさまざまな行事を行なっています。行事日程に併せて...
  • メールニュース MMBA.jpでは、日本別院や最新のチベット仏教関連のニュースをEmailによって配信しています。い...
  • ゴマン学堂の歴史 デプン大僧院の創立 デプン大僧院は正式名称を「パルデン・デー・カル・プンパ」(吉祥なる、白米の蓄積所)と...
  • 龍蔵院春季大祭が行われました。 https://www.youtube.com/watch?v=yDCY5XpKXrE 昨日5月1日は龍...

タグ