最終更新日:2021.05.27

次期維那候補にハルドン・ゲシェー・ガワン・ジクゲル師が選出されました

デプン・ゴマン学堂 寺務局

2021年5月27日

本学堂では主要な役職にあたる僧侶は、本学堂の最高意思決定期間である16学寮代表者委員会によって行われています。

このたび委員会の意向を踏まえ、本学堂の代表者である管長、本学堂の法規の執行者である維那、本学堂の法要の責任者である経頭の3名の理事、ならびに未来運営委員会の2委員、寺務局局員、16学寮から委任された各学寮の代表者による予備選を行った上で、本学堂僧侶全員により本選挙として、中観学学級以下のクラスならびに18歳以上の議決権のある僧侶たちによる通常本選挙を、このたびサカダワの15日に潔斎し清浄なる戒体の下で実施しました。

その結果、本学堂の法規の執行者である維那の役職に、このたび以下の通りの選挙結果となり、次期維那候補としてハルドン・ゲシェー・ガワン・ジクゲル師が選出されましたことをご報告申し上げます。

維那の任期は1年間であり、本年チベット暦5月16日(6月24日)よりその任に就任されます。次期候補が仏法に関わるすべての業務が支障なく遂行され、所願が成就するよう学堂僧衆一同お祈り申し上げます。

選挙の結果

RELATED POSTS