最終更新日:2020.11.17

薬師如来とターラー菩薩に感染拡大の早期終息のための祈願法要を行いました。

2020年11月11日(水)、本山デプン・ゴマン学堂では、学堂が現在あるドークリン・チベット難民居留区の代表をお迎えし難民居留区および全世界における感染拡大の早期終息を祈願する法要を薬師如来・ターラー菩薩に対して学堂の役員ならびに化身ラマたち、そしてカーラム学級ならびにゲシェーたちによって行いました。

施主となったモンドゴッドの代表

RELATED POSTS