作成日: 2011-03-06 最終更新日: 2016-01-21 作成:事務局

【大晦日】

3月4日はチベット暦の大晦日。

お坊さんたちは明日の準備で大忙し。抱えきれないほどのお買い物はほとんどがお正月用のお供え物でした。そして午後からはお正月に欠かせないお供え菓子カプセー作り。

IMG_0211

蓮の花を象ったものをはじめ色んな形を作る作業は、ちょっとした芸術品を作り上げる感があります。

IMG_02141

油でカラッと揚げると、ドーナツとクッキーの中間のような、懐かしい素朴な味わい。ほとんどのチベットの家庭でお正月に作られるそうですが、お正月以外には食べられない、、、日本で言うと「鏡餅」的な?存在なのかなぁ、、、。

大量のカプセーを揚げたら、味見の前にはまずお供えをします。あとは次の日のお正月用に。

それからはったい粉とバターでお飾りのトゥルマを作って、お菓子やお花や果物を飾って、、、。とてもバタバタと忙しくされていますが、どこかうれしそう。チベットの人にとって、お正月は特別な日のようです。以前は日本でもそんな光景が見られたなぁと、ちょっと忘れてたワクワク感を思い出しました。