お昼ごはん


作成日: 2011-03-01 最終更新日: 2016-08-21 作成:事務局

普段のお寺の料理長は一番若いアボさんです。

インドの寺院はとても大人数なので、若い頃は必ず料理当番があるらしく、アボさんに限らずお坊さんたちはみんな料理が手早くて上手。

先日はアボさんも次に若いゲンチャンパもお昼前忙しかったので、珍しく年長のゲンギャウがフライパンを振ってくださいました。

基本的にメニューはほぼ単一で、ツェマという野菜丼なのですが、作る人によって少しずつ味付けが違います。インドのラダック地方出身のゲンギャウの料理はターメリック多めの優しい味。

実は辛党はアボさんだけで、ゲンギャウもゲンチャンパもほとんど辛いものは食べません。

最近のお寺ブームは韓国海苔。

ニンニクとショウガの効いた健康的なご飯です。