MG_8087
MG_8087
previous arrow
next arrow

GOMANG NEWS

2017.08.29
ゲルク派共通試験がはじまりました
現在インドに亡命中のセラ、デプン、ガンデンというゲルク派の三大総本山によって共通して運営されているゲルク派の共通試験が現南インドのデプン大僧院で開催されています。 ゲルク派では地方の僧院で普通の僧侶として過ごしている僧侶たちもいますが、志をもった僧侶たちはセラ、デプン、ガンデンと […]
2017.08.26
デプン・ゴマン学堂巡礼ツアーのご案内
弊会にかつて在籍していて、現在は東京都新宿区でチベットレストランを経営しながらチベットの仏教文化を紹介して活動しているロサン・イシさんが、南インドのデプン・ゴマン学堂を巡礼するツアーを企画されています。 現在はゴマン学堂では以前日本に住んでおられたゲン・ゲレクやゲン・チャンパをは […]
2017.04.02
クンケン・ドゥーサン
チベット暦2月5日の4月1日、ゴマン学堂のすべての教科書を著した大学者クンケン・ジャムヤンシェーパ・ガワン・ツォンドゥーの年忌法要が本山デプン・ゴマン学堂で行われました。
2017.04.02
新旧寺務官の交代式
本山デプン・ゴマン学堂は、学堂のすべての責任者である管長(ケンポ)、学堂の風紀の責任者である維那(ゲク)、学堂の儀式の責任者である経頭(ウンゼー)の三名の他、十六学寮の各々の代表者会議によって、民主的に意思決定がなされ、すべての活動が運営されていますが、その運営を実際に行うのが「 […]
2017.03.23
クンデリン・リンポチェ主催によるサキャ大座主猊下による伝授会がデプン・ゴマン学堂集会殿にて開催されます
このたびデプン・ゴマン学堂の大ラマであるクンデリン・ジェドゥン第13世リンポチェ、ジェツン・チューキゲルツェン師は、僧俗のすべての方、また宗派間の調和を願い、サキャ大座主猊下が南インドモンドゴット訪問される際に、ヴァジラパニヤ、ハーヤグリーヴァ、黒ガルーダの灌頂ならびにサキャ・パ […]
2017.03.20
密教学級の論議大会が開催されました
2017年3月16日より三日間、デプン・ゴマン学堂では、毎年恒例の密教に関する論議大会が開催されました。 究竟次第について1日間、生起次第について1日間、行タントラ、作タントラ、瑜伽タントラの三つのタントラについて1日間、ジェ・ツォンカパの著した『秘密道次第論』『究竟次第五次第明 […]
2017.03.07
デプン大集会殿で神変祈願大祭がはじまりました
南インド、モンドゴッドには、ガンデン僧院とデプン僧院の二つの僧院があり、ガンデンにはチャンツェ学堂、シャルツェ学堂、デプンにはゴマン、ロセルリンとの二つの学堂があります。神変祈願大祭は日本別院でも行われていますが本山では約1万人の僧侶たちによって祈願大祭(モンラム・チェンモ)が行 […]
2016.11.04
厳しい成績発表
デプン・ゴマン学堂は、チベットの僧院は、インド仏教の僧院から続く、昔ながらの僧院の形態をいまも継続していますが、日本には同じような施設はほとんどないため少し分かりにくいかもしれません。 小さな子供の僧侶から老僧までが共に生活している共同体です。分かりやすく言うと幼稚園から大学院の […]
2016.10.18
ツェンプー・ダムチャー
10月15日、ゴマン学堂集会殿の前の法苑にて、ゴマン、ロセルリンの二学堂からゲシェー・ラランパの僧侶たちが中心となり、「ツェンプー・ダムチャー」と呼ばれる夜通し問答をして仏典の解釈を追求するという行事が行われました。今回のツェンプー・ダムチャーはデプン大僧院が創立して600年を記 […]
2016.10.15
大黒天十万供
ゴマン学堂では、学堂の護法尊である大黒天十万供の法要(མགོན་པོ་འབུམ་ཚོགས་)が行われました。
2016.10.11
新参の140名のモンゴル人留学僧たちがやってきました
本山デプン・ゴマン学堂ではこのたび新たに140名のモンゴル人留学僧を迎えることとなりました。新参の僧侶たちはこれからゴマン学堂の伝統的な仏教教育プログラムに則って、インド・チベットの大乗仏教の伝統をチベット語で学習することになります。歴史的にデプン大僧院ならびにゴマン学堂はモンゴ […]
2016.10.09
本年度のゲシェー学位の授与式
2016年10月9日、本年度のゲシェー・ツォクランパ、ゲシェー・カーチュパ、ゲシェー・ドランパの学位の授与式が本山デプン・ゴマン学堂で行われました。
2016.09.26
本山本年度の年度末試験が行われています
2016年9月25日から4日間、本年度のゴマン学堂のすべてのクラスで4日間に渡る年度末試験が行われます。 すべての学僧たちは、自分が現在在籍している学級で使用されている根本テキストについての暗記・問答・筆記試験を受けて一年間の学習の成果が伝統的な方法によって評価されます。論理学・ […]
2016.09.21
デプン大僧院開創600年大教義問答会成満記念の法要が行われました
2016年9月21日、ゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパの直弟子である、ジェ・ジャムヤンチュージェ・タシー・ペルデンの発願二余って成就した、仏典を説き実践するための泉である、第二のナーランダー僧院たる、パルデン・デプン大僧院の開創以来600年を記念し、その法恩を随念し、15日間の大教 […]
2016.09.19
デプン・ゴマン学堂の第15期寺務官の選挙が行われました
チベット仏教における僧院の多くは、僧侶たちが僧院に暮らし、仏典を学習したり、祈祷や儀軌を行い、通常出家した僧侶たちは、僧院の世俗的な運営に携わることはありません。これは日本の寺院の住職が寺院の運営をしながらも自らの修行もし、檀信徒を教化していかなければならない状況とはかなり異なっ […]
2016.09.07
夏のツォクラン
本山デプン大僧院では、現在夏安居の期間です。 本日チベット暦7月1日より15日までの15日間はデプン大集会殿(デプン・ツォクチェン)にいて、ゴマン学堂・ロセリン学堂の二学堂の僧侶たちが集結し、両学堂の代表者通しによる問答並びに、特別な問答が本日より10:30-13:30の3時間、 […]
2016.09.04
ペティーとペティー・ゲゲン
セラ、デプン、ガンデンというゲルク派総本山では、それぞれに「ペティー・ゲゲン」と言われる教授職の人たちがいる。彼らは「ペチャ」(仏典や論書)を「ティー」(導く・指導する)き、伝統的な仏教の解釈やテキストの様々な問題点、解釈の矛盾点、ほかのテキストとの相違点などを弟子たちに問題提起 […]
2016.07.23
ケンリンポチェはモンゴルをご訪問中
ゴマン学堂学堂長ケンリンポチェ・ロサン・ゲルツェン師は、ただいまモンゴルをご訪問中です。モンゴルの仏教はチベット仏教をもとにしたもので、モンゴル人にとってのお経というのはすべてチベット文字で書かれています。 私は最近の人なのでネットも活用します。日本のみなさまに仏教の紹介をネット […]
2016.07.23
ゲン・チャンパはゴマン学堂のゲクー(維那)に
ゲンチャンパがお帰りになって、今度はいついらしてくださるだろうか。ふとした時にあちらからゲンチャンパが現れそうだったり、ゲンチャンパの教えを思い出してみたり。そんな感慨に耽っている真夏のお寺。 ゲンチャンパがお帰りになられた本山デプン・ゴマン学堂では、今日もびっちりの授業と、絶え […]
2016.07.06
デプン・ラチでのダライ・ラマ法王誕生日祝賀会
2016年7月6日、南インドのデプン大僧院をご訪問中のダライ・ラマ法王ご臨席の下、御誕生日祝賀会がデプン・ラチにて開催されました。近隣の宗教指導者たちも参列し広大にお祝いの会が開催されました。