MG_8087
MG_8087
previous arrow
next arrow

GOMANG NEWS

2020.03.21
日本のみなさまに、いますこしお時間を拝借しお願いしたいこと
新型コロナウイルス感染症の影響は、現在世界中に拡がっています。日本のみなさま日々さぞかしご心配のことと思います。さまざまなご心配のところ申し訳ございませんが、デプン・ゴマン学堂管長ケンリンポチェ・ロサン・ゲルツェン師より、お願いがあるとのことです。 それは何か、と申しますと以下の […]
2020.03.18
新型コロナウイルス感染症についての本山ならびに弊会での緊急対応について
武漢に由来するCOVID-19(新型コロナウイルス)の世界的な感染拡大を予防するために、すでに本山デプン・ゴマン学堂では集会殿などを解放して、近隣の参拝者が集まらないようにしていいるだけではなく、今年度の神変祈願大祭も中止し、僧侶たちが集会する行事はすべて中止となりました。 さら […]
2020.02.25
デプン・ゴマン学堂2020年カレンダー Drepung Gomang Calendar 2020
本年度の本山デプン・ゴマン学堂のカレンダーをアップしました。チベットの暦と西暦が対照になっていて簡潔でとても便利です。A3サイズにプリントすると使い安くなっておりますので、是非ご利用ください。 Drepung Gomang Monastic University 2020年カレン […]
2019.12.14
ダライ・ラマ法王がデプン大僧院に到着されました。デプン大集会殿ならびにゴマン学堂大集会殿にお迎えいたしました。
本年はゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパ 大師の第600遠忌の各種行事が南インドのモンドゴッドに復興されているデプン、ガンデンという二大総本山にて行われます。これに伴いモンドゴッドの亡命チベット人居留区にダライ・ラマ法王は12月12日に入られ、デプン大集会殿(デプン・ツォクチェン)な […]
2019.07.09
ジェ・ツォンカパ大師600回大遠忌報恩・デプン・ゴマン学堂『四百論』論議大会
本年2019年はゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパ(1357-1419)大師の600回大遠忌にあたります。文殊菩薩の教えを説かれたジェ・リンポチェの偉大なる法恩を想い、その恩に報いすることを主旨として、アールヤデーヴァの『四百論』に関する論議の大会が行われました。
2019.07.07
ダライ・ラマ法王御誕生日法要
2019年7月6日、本山デプン・ゴマン学堂では、満84歳のお誕生日をお迎えになられたダライ・ラマ法王のお誕生日をお祝いし、集会殿にダライ・ラマ法王の影像をお迎えし、供養・長寿祈願・焼香供養の法要を行いました。
2019.05.18
修習の日
チベット暦3月15日は、釈尊が霊鷲山において般若経を説かれたとの同時に、南インドでカーラチャクラタントラを説かれたと縁日であるということに基づいて、ダライ・ラマ法王のご指導のもとに、多くの僧侶が一度に会して修習を行うひとしております。デプン座主ケンスル・リンポチェ・ロサンテンパ師 […]
2019.05.16
デプン・ゴマン学堂学校でチベット難民キャンプの小中学生を対象とした寺子屋が開講されました
チベットの文化の保存のためには、チベットの言語を保全することが極めて大切です。現在デプン・ゴマン学堂学校は年度末試験の発表も終わり、お休みに入っておりますが、このお休みの期間は、近隣のチベット難民キャンプの小・中学生を対象としたチベット語の教育と仏教文化の解説を僧侶たちによって行 […]
2019.05.11
デプン・ゴマン学堂学校の年度末試験の結果発表が行われました
デプン・ゴマン学堂では未成年の僧侶たちには、インドの義務教育・基礎教育のプログラムに則って、一般の子供たちと同じような基礎教育を行っています。このたび5月11日に年度末の試験の結果発表が行われ、デプン座主ケンスル・リンポチェ・ロサン・テンパ師からの激励のお言葉がかけられました。
2019.03.31
デプン大僧院の僧衆が集結しました
デプン大僧院はゴマン学堂とロセルリン学堂、デヤン学堂、ガクパ学堂と現在も4学堂がありますが、在籍する全僧侶を合わせると4000名以上もの僧侶が在籍しております。時々その時に僧院に滞在している僧侶全員が集まって集合写真を取っていますが、このたび集合写真を撮影しました。(実際には何人 […]
2019.03.25
2019年3月22日、デプン大僧院にてダライ・ラマ法王の長寿祈願の法要が行われました。
2019年3月22日、ダライ・ラマ法王の侍従神である護法尊ネーチュンによって発表された授記にもとづきダライ・ラマ法王の身口意の三密には、いまのところ障害は全くありませんが、衆生が福徳を積集するために、デプン大僧院に在籍する僧侶全員によって『賢劫経』『文殊師利聖経』などが読誦され、 […]
2018.12.28
2019年・第17ラプジュン地亥歳デプン・ゴマン学堂カレンダーができました。
毎年発行されている本山デプン・ゴマン学堂の2019年度(地亥歳)のカレンダーができました。本山と日本別院は主にこのカレンダーに従ってすべての行事が運営されていきます。
2018.11.21
科学に関する展示・議論・試験が行われました
本山デプン・ゴマン学堂では、ダライ・ラマ法王のご指導に基づき近年では、自然科学の知識を僧侶たちが深めるために、僧院の公式なカリキュラムとして自然科学に関する学習も行なっています。本年度のこの教育課程のしめくくりとして、自然科学に関する展示と発表、議論の大会ならびに試験が行われまし […]
2018.11.21
本山デプン・ゴマン学堂では護法尊大黒天の十万供養が行われました。
デプン・ゴマン学堂の護法尊は、観音菩薩の忿怒形ふんぬぎょうである、護法尊・大黒天に対する毎年で一番大きな供養の法要が、2018年11月20日・21日の二日間かけて行われました。
2018.07.13
台湾からの医療ボランティアの皆様が来られ、僧侶たちの健康診断・歯科治療などが行われています。
本山デプン・ゴマン学堂は、本来はチベットのラサにありますが、現在はインドに亡命して南インドのモンドゴットという場所にあります。このたび7月12日から16日の4日間、台湾から来られた医療ボランティアである「台灣Jam Tse醫療會」のみなさまのおかげで、歯科医・内科医や看護師のみな […]
2018.04.30
釈尊の中転法輪に因んだ法要が行われ、「修習」(瞑想)とは何かということについての指南が行われました
チベット暦3月15日は、釈尊が、王舎城の霊鷲山の上にて、般若経を説き始められたのと同時に、南インドのシュリーダーニヤカタカにて、時輪根本タントラを説きはじめられた日であるとする伝統があります。本日2018年4月29日には、その伝統に則り、本山パルデン・デプン・タシ・ゴマン学堂では […]
2018.04.28
デプン・ゴマン学堂の通年試験が開催されました
デプン・ゴマン学堂の一年間の授業の成果をテストする通年試験が行われました。
2018.04.21
本山デプン・ゴマン学堂に最近出版された大蔵経が奉納されました
本山デプン・ゴマン学堂では最近出版された洋装本の大蔵経が寄贈されて、奉納され、学堂長、維那、経頭、寺務長、図書館長をはじめとして、主要な役僧たちによって開眼供養(善住)の法要が行われ、ゴマン学堂図書館に奉納されることとなりました。 そのなかには、日本で出版された大正新脩大蔵経をは […]
2018.01.04
本山デプン・ゴマン学堂では故ケンスル・リンポチェ・ヨンテン・ダムチュー師の葬送の儀が行われました
本山デプン・ゴマン学堂では、年末に示寂の相を示された、シュンパ・ケンスル・リンポチェ・ヨンテン・ダムチュー師の葬送の儀がデプン・ゴマン学堂問答法苑にて、デプン大僧院座主ケンスル・リンポチェ・ロサン・テンパ師を導師にお迎えして行われました。 初日 2017.12.30 午前:『師供 […]
2017.12.30
訃報:ケンスル・リンポチェ・ヨンテン・ダムチュー師 示寂のお知らせ
  各位 大善知識デプン・ゴマン学堂第79世シュンパ・ケンスル・リンポチェ・ゲシェーラランパ・ユンテン・ダムチュー師は、御歳78歳の本日2017年12月30日、御自坊において、密意を法界へと溶解させるという御相を示現なされました。本山デプン・ゴマン学堂ならびに弊会では亡 […]