心を伝える


作成日: 2011-04-27 最終更新日: 2011-04-27 作成:LOBSANG DROLMA

「私の心を一緒に持って行って」

福島にボランティアに出かける前、チベット人の女の子から彼女の心を託された。
ゲンギャウさんにも、福島に行ってきます、と伝えると、

「私たちもずっと想っていると伝えてください」

と言われた。
人の心。それはとてもかけがえのないものだと思う。

原発の被害で、避難してこられた人々であふれ返った福島のある避難所。将来への不安。毎日続く余震。プライバシーのない生活。ストレスがたまる環境。ぴりぴりした雰囲気が漂う。
だけど、そんな環境だからこそ、人と人とのつながり、他人に対する思いやりが必要だと強く感じた。

初めて会ったとき、ぷんぷん怒っていたお父ちゃん。何度も何度も話かけて、何度も何度も質問を繰り返したら、ぽつりぽつりと話てくれるようになって、はにかんだような笑顔を見せてくれるようになった。

いじわるなお母ちゃん。こっちが何を言っても意地悪ばっかり言われたが、めげずに話かけていたら、帰るときに、

「これ持ってけえれ」

って、花をくれた。でも、「私はなにも渡すものがないです」って言ったら、「なんにもねえのか!?」ってまた一言返してくれた。

外からやってくる苦しみは、こちら側からはどうしようもできない。だが、内側の心でその苦しみを和らげることはきっとできる。
苦しい状態だからこそ、人の温かさが心にしみる。

人からもらった温かさ。
私もまた人に渡すことが出来ればいいのにと、強く思った福島での数日だった。