2018年1月の行事日程:必ずあるもの、必ず来るものはない


作成日: 2017-12-30 最終更新日: 2018-01-09 作成:事務局

清々しい日の訪れを待つ日本列島ですね。みなさま、それでもなおお忙しくお過ごしのことと存じます。チベットのお正月は旧暦なので、お坊様方はなんとなく俯瞰でご覧になっている雰囲気です。とはいっても、アボさんはみなさんの声がけに応えるべく毎日お忙しく動き回っていらっしゃいます。

毎日を同じように過ごすということは、多くのものを持たず、多くのものに見えず、触れず、多くのものを味合わずといった五感をそいだ生活のその先にあるものです。

感覚を追い求めないことの対岸にその生活はあり、多くの人が送る日常といったものに絡めとられず、その淡々としたフラットな感情が生涯続くのです。そして、常に持つ大志はあまねく全ての生き物の幸せ。苦しみからの解放です。

「人は真実を見るのではない。見たいと思うものを真実だと思うのだ」ローマ建国の時代に言われたことが、残念ながら今日に至っても通用してしまっています。人は多かれ少なかれ、欲しているものを、望んで真実だととらえ受け入れてしまうものなのです。

救いたい、苦しみから解放されてほしいと願い活動しているチベット人の僧侶のみなさんですが、物理的に何かを分け与えることができるわけでもなく、日本での活動はみなさまのお志に大いに支えられています。

受け入れる側にも根気強く大切なものを考える努力が必要となります。チベット人が褒める性格に「ニャムチュン」(微力)と評されるものがありますが、これは感情がフラットで、口数も少なく穏やかに過ごしている人のことで、俗人にあっても、俗人の中でそのように生きていることこそが尊いからだと思います。

この世は多くの苦しみで溢れています。内にも外にも。

今が、私が一番辛いと思う時がないよう、常にそのように思っていてほしいと彼らは願っています。

物理的な恵ではない、外界に依拠しない心のフラットな状態こそがが自身を救う。それが絶望の淵に立つことなく、自分本位にならないことのコツなのだと。

やや、清々しい気分に水を差してしまったようですが、みなさま今年もお支えくださり、本当にありがとうございました。佳き年をお迎え下さいますよう念じ申し上げております。

一同拝

1月6日まではお堂でのお経はありません。お寺も留守となります。
1月3日(8日ではありません。ご注意下さい)には宮島で弥勒祈願祭を行います。お堂でのお経は1月7日からになります。
法要、関西・関東法話会のため、1月18日〜22日お堂でのお経はありません。

弥勒祈願祭供養 宮島 大聖院 ご注意下さい1月3日に行います

毎月8日には、デプン・ゴマン 学堂の僧侶とともに、私たち、そして私たちの家族や亡くなった方たちの未来がより幸せなものとなるためのお祈りを捧げる会を大本山大聖院にて開催します。大本山大聖院(広島・宮島)では、歴代のダライ・ラマ法王の所属寺院チベット仏教ゲルク派総本山デプン・ゴマン学堂と継続的に公式な交流活動を行っています。2006年にチベット・ラサにあるデプン大僧院に安置されている「見ただけで解脱する弥勒仏」の写しの仏像を建立し、ダライ・ラマ法王によって正式な開眼法要を行っていただきました。すべての仏の慈愛の象徴である弥勒仏は、56億年後にこの地上に降臨するブッダ「未来仏」としてチベットでも日本でも有名で、私たちのよりやさしい、幸福な未来を実現するための仏様です。

  • 日時:2018年1月3日(日)11:00-12:00
  • 大本山 大聖院(広島県廿日市市宮島町210)
  • 【ご祈願料】1口: 3,500円

詳細 申し込み →


開運焼香供養

空を飛んでいるルンタ(風の馬)を呼びその運気を呼び込む、チベットでもっともポピュラーな儀式のひとつです。チベットでは水曜日にルンタを空から呼ぶためサン(お香)を焚きます。毎月第1水曜日に開催します。とくに開運と金運に良いとされます。最近なんだか調子が悪いなと感じられる方や、なにかの事業を実行しようと計画されている方のために、ご祈願をお受けしております。

  • 日時:2018年1月10日(水)10:00-11:30
  • 場所:龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院
  • 【ご祈願料】1口: 3,500円

詳細 申し込み →


師資相承供会

チベット暦10月25日はチベット仏教最大宗派ゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパのご命日にあたります。チベットでは宗派を問わずほとんどの人が、たくさんの灯明を灯して、さまざまな祈りを捧げて、供養を行います。

ジェ・ツォンカパはダライ・ラマ1世、パンチェン・ラマ1世の師匠にもあたり、仏教のさまざまな教えをただしく解釈し、チベット仏教の哲学と密教を完成させた方です。面々と受け継がれるものは教え。全てのいきものを幸福にするすべを今生で手渡してくださるためだけに彼らはここにいるのです。

  • 日時:2018年1月11日(木)16:00
  • 場所:龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院
  • 【ご祈願料】1口: 3,500円

お申し込み


近畿定例法話会

  • 日時:2018年1月20日(土)13:00~15:00
  • 講師:ゴペル・リンポチェ師
  • 拠所:住蓮山 安楽寺  http://anrakuji-kyoto.com
    〒606-8422 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
  • 参加料:志納

参加登録へ


関東定例法話会

  • 日時:2018年1月21日(日)13:30-16:00
  • 場所:GOMANG HOUSE TOKYO
  • 講師:ゴペル・リンポチェ師
  • 通訳・解説:野村正次郎
  • 参加料:志納
  • 参加登録:こちらから

参加登録へ


日本別院定例法話会

  • 特別講師:ゴペル・リンポチェ・ガワン・ニェンダー師
  • 通訳・解説:根本裕史
  • 日時:2018年1月28日(日)13:00-15:30
  • 会場:龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院