2016.07.03

ダライ・ラマ法王による授戒会が開催されています

ダライ・ラマ法王は現在南インド、カルナタカ州モンドゴットに復興されているデプン大僧院にて参集している僧侶たちに4日間にわたる授戒会を開催されています。

在家の戒律である優婆塞うばそく優婆夷うばい、出家の戒律である沙弥しゃみ沙弥尼しゃみに比丘びくの戒律が授けられます。チベット仏教では、7世紀にインドのビクラマシーラ大僧院の僧院長であったシャーンタラクシタ以来、説一切有部の戒律を伝えています。