Slider

VOICE NEWS

VOICE
本日のことば
2020.04.06
インド・チベット仏教文明のグローバル化

アムドに生まれた、グンタン・テンペー・ドンメ(1762-1823)は、ジャムヤンシェーパ二世クンケン・ジクメワンポによって化身認定され、幼少期からチベット語はもちろんのこと、サンスクリット語・モンゴル語・中国語も学び、若くしてデプン・ゴマン学堂に学び、22歳にしてほぼすべての学問を修めて以降、ふたたび1786年にアムドに戻ってからはクンケン・ジクメワンポによって開創されたガワ地域のタシゴマン僧院、ラブラン・タシキル僧院、ゴンルン僧院(ゴンルン・チャンパリン)といったアムド地域の重要がゲルク派の僧院の座主や管長を務めながら、アムドにおける仏法交流に大きな功績を残した人物である。

VOICE
本日のことば
2020.04.05
山の方から、街の方から

人の生はそんなに長くはない。そんなに良いものでもなく、そんなに悪いものでもない。ひとり散歩をしていると孤独と絶望に襲われるかもしれない。自分の生き方は何たる醜いものなのか、そんなことにふと気づく。だからこそ人は花を愛で、小さな生き物を愛らしいと感じるようになる。

VOICE
本日のことば
2020.04.03
無数の人のスタイルや能力に依存した存在の奇跡

泳げない人に激しい水流に飛び込んでください、という人はいない。彼はどんな人が頼もうと自殺行為なのできっぱりと断る。これと同様に何かの仕事をはじめる前に、それが自分の手に負えるのかどうか、ということを考えなければならない。もしも手に負えない仕事ならば、いくら他人から頼まれてもすべきでない。

VOICE
本日のことば
2020.04.02
強く波打つとも水嵩は増えはしない

目的実現/目的達成には長期的視点が必要で、短絡的な思考では目的は実現しないことを説いている。それでは具体的な目的とは何か、といえば、下士であれば、来世に善趣に生まれること、中士であれば輪廻からの解脱、上士であれば一切相智の獲得と三種に分類することができる。

VOICE
本日のことば
2020.04.01
悠然と静かに流れる大河のように

チベットは世界の最大の水源である。チベットを水源とする長江、黄河、メコン、インダス、サルウィン、ブラフマプトラといった主要な河川は、十ケ国に流れ、十三億人以上の人たちの生命の水となっている。

VOICE
本日のことば
2020.03.31
海中にいれば、海面で何が起きても大丈夫

善業を行おうと決意し、はじめたからにはそれはどんな小さなことであろうとも実現しなくてならず、実現するためには、途中で諦めることなく、最後までやり遂げたいという志が必要とある。もしもその志があるのならば、実現の過程における小さな所行は、最終目標を実現するための苦労に比べれば、大した苦しみではないと思えるようになる。一度水のなかに潜ってしまえば、上からどんな冷たい雨や雹がが降ってこようとも、それを苦痛であると感じないのと同じであるということを表現している。

VOICE
本日のことば
草葉の露を掬び、運命に逆行する

仏教は創造主の存在を認めない宗教である。世界は生命体の業によって生成され、業によって滅亡すると考える宗教である。人類が地上に存在するのは、煩悩と業に起因しているのであり、煩悩と業を断じれば、苦を本質とする輪廻世界から解放され解脱できる、とする。

VOICE
ダライ・ラマ法王
2020.03.30
新型コロナウイルス感染症に関するダライ・ラマ法王によるメッセージ

ダライ・ラマ法王は本日新型コロナウイルス感染症の拡大に関して、みなさまにメッセージを発信されました。さっそくチベット語原文からの翻訳(草案)を作成しましたので、紹介させていただきます。 現在世界各地で感染症拡大の危機に直‥

VOICE
本日のことば
2020.03.29
恐怖の土石流ではなく、文殊菩薩の妙なる微笑へ

悪友との距離を置かなければならない、ということを説いている。悪友は様々な誘惑をしてくるものであるが、そのすべての行動や言動の根本には煩悩がある。最も私たちが仲良くし付き合っているものは、貪瞋痴の三毒という煩悩であり、煩悩は災いばかりをもたらすものである。これは激しい土石流が泥の水を吸い寄せて、どんどんと激しい濁流になり、時には人々の生命を奪う危険もある様子がここでは説かれている。

VOICE
本日のことば
2020.03.28
小さな功徳、せせらぐ清水

釈尊の時代から、仏教では師弟関係というものが極めて大切である。2500年前のインドであるから、いまのようにインターネットも書籍などもない時代である。弟子たちは釈尊の教えを注意深く聞き、それを実践し、実践をしていく上で疑問点などがあれば、師や先輩に聞くことでそれを解決していった。すべての仏典は「私はこのように聞いた」というアーナンダーのことばではじまっているように、仏教の実践のはじまりは、善知識に師事するというところからはじまる。