キーワード: ゲシェーラランパ・チャンパ・ドンドゥプ師

2016.07.23
ゲン・チャンパはゴマン学堂のゲクー(維那)に

ゲンチャンパがお帰りになって、今度はいついらしてくださるだろうか。ふとした時にあちらからゲンチャンパが現れそうだったり、ゲンチャンパの教えを思い出してみたり。そんな感慨に耽っている真夏のお寺。 ゲンチャンパがお帰りになら […]

2016.03.23
4月3日 近畿定例法話会「ターラー菩薩とともに」

3月に引き続き、安楽寺にて、近畿定例法話会を開催させていただきます。仏教のことをあまり学んだことのないすべての人を対象とした、ゲシェー・ゲレク師の法話会です。今回からターラー菩薩を主軸とした法話会を行うことになりました。 […]

2016.02.20
3月12日 近畿定例法話会「ターラー菩薩とともに」

2016年3月12日(土)に安楽寺にて、近畿定例法話会を開催させていただきます。仏教のことをあまり学んだことのないすべての人を対象とした、ゲシェー・ゲレク師の法話会です。今回からターラー菩薩を主軸とした法話会を行うことに […]

2015.10.27
11月7日 近畿定例法話会

11月7日(土)に安楽寺にて、今年最後となる近畿定例法話会を開催させていただきます。 仏教のことをあまり学んだことのないすべての人を対象とした、ゲシェー・チャンパの法話会です。拠所は哲学の道より一本山際の、通称「隠れ道」 […]

2015.05.26
行くか行かないかは自分次第

前日までの夏を思わせるような天気とはうって変わって、説法当日は肌寒い気候でした。ゲンチャンパの荷物は、お経を入れた手提げバックだけ。とっても身軽です。 今回からシャントン・テンパ・ギャンツォの著した『道の要訣の解釈 意味 […]

2015.04.29
拒んでも解脱する教え

桜の花も散り、気がつけばあっという間に温かくなりました。チベット式に、お茶ポットを持って外へピクニックに出かけたくなるような気候ですね。 前回までで帰依についての法話が終わり、今回からは尊者ツォンカパの『道の三要訣』につ […]

2014.08.28
ゲン・チャンパの不言実行

みなさんもご存知の通り、広島では先日の大雨による土砂災害で大きな被害を被っている地域があり、土砂の除去などの支援のため多くのボランティアが現地に駆けつけています。 東日本震災の際、居ても立ってもいられなくてすぐにボランテ […]

2014.03.30
4月19日 ダライ・ラマ法王来日法話復習会

【ダライ・ラマ法王法話会復習会】 ダライ・ラマ法王来日法話会の翌々日、大本山護国寺にて、ダライ・ラマ法王の説法の内容 の質問にゴマン学堂のゲシェーが答えます。 ダライ・ラマ法王法話会の資料などをご持参ください。 ※申込は […]

2014.02.01
お帰りなさい、ゲン・チャンパ

インドの本山にしばらく帰られていたゲン・チャンパがさきほど日本別院に帰って来られました。 日によく焼けてお顔は小麦色に! 早速「花が、、、」と冬になって花の少なくなった庭を心配されています。 これから春に向けてまたゲン・ […]

2013.02.18
お帰りなさい、ゲン・チャンパ

2月16日にゲンチャンパが戻って来られました。 インドから帰られるお坊さまは皆そうなのですが、やはりゲン・チャンパも少し日に焼けてお顔がほっそりとされていました。 お昼ご飯にカレーライス(日本の)をお出しすると、「やっぱ […]

2012.12.06
時には足を止めて

ゲンチャンは「チベットの1日と日本の1日の長さが違うように感じる」と、日本に来て間もないチベット人が日本の印象について言っていました。 「日本は時間にとても正確で、バスや電車が時間、それも分数までピッタリに来ることにビッ […]

2012.10.16
ゲンチャンパの日々草

龍蔵院の境内は日々草でいっぱいです。 初夏から晩秋まで次々花が咲くので「日々草(ニチニチソウ)」というのだそうですが、2年前に2〜3鉢いただいたものをゲンチャンパが増やしてくれて、今年は境内いっぱいになりました。 朝夕の […]

2010.07.27
グンル・ゲシェーラランパ・チャンパ・ドンドゥプ師

グンル・ゲシェーラランパチャンパ・ドンドゥプ師プロフィール チベット、カム地方のパルワルに生まれる。インドに亡命し、デプン・ゴマン学堂グンル学寮に入る。2006年までデプン・ゴマン学堂にてゲシェー・ヨンテン・ダムチュー師 […]

2009.09.07
アボは力持ち

アボは力持ちです。今日もガスの缶をひとりで三つも運んでいました。やっぱりチベット生れなのでパワーがちがいますね。

2009.08.27
修道論研究会報告

昨日『サムスクチェンモ』p.228-238の講読をゲシェー・チャンパ先生からいただきました。獲得対象としての四静慮四無色定の入定の規定より本質から、他者の学説を否定する部分にあたります。 まだ、自説をならっていないので、 […]

人気のある記事

  • カレンダー 文殊師利大乗仏教会では、チベット暦に従った伝統的な行事をはじめさまざまな行事を行なっています。行事日程に併せて...
  • メールニュース MMBA.jpでは、日本別院や最新のチベット仏教関連のニュースをEmailによって配信しています。い...
  • ゴマン学堂の歴史 デプン大僧院の創立 デプン大僧院は正式名称を「パルデン・デー・カル・プンパ」(吉祥なる、白米の蓄積所)と...
  • 龍蔵院春季大祭が行われました。 https://www.youtube.com/watch?v=yDCY5XpKXrE 昨日5月1日は龍...
  • 三士菩提道次第広論 『三士菩提道次第広論』とは ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパの代表的な著作である。日本では古くは長尾雅人博士によ...
  • 2019年9月の行事案内 暑い夏もほぼ終わり、先週まで毎日のような雨の日が続いておりましたが、徐々に天候もよくなり、朝夕には秋の虫の声...

タグ