2020.08.30
ལེགས་པར་བཤད་པའི་ཆུའི་བསྟན་བཅོས་ལུགས་གཉིས་རླབས་ཕྲེང་བརྒྱ་ལྡན་

燃え盛る孤独島から、どう脱出しようとするのか

『水の教え・波打つ数の二つの教え』を読む・第112回
訳・文:野村正次郎
大海原のなかの苦しみに満ち溢れた孤独の島から脱出したいという思いは、小乗も大乗も共通したものである。しかし孤独の島にみんなを残して自分だけが救助されたらいいと思うのか、この孤独の島のみんなが救助されるためにどうあったらいいのか、と思うのかによって大乗と小乗の決定的な違いがでてくる
このページにアクセスするためには会員登録が必要です。

RELATED POSTS
このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、一般会員登録(月額プラン), 一般施主供養料(月次更新), 特別施主供養料(月次更新), 曼荼羅施主供養料(月次更新), 曼荼羅施主会員・年会費, 特別施主会員・年会費 or 一般施主会員・年会費を購入してサインアップしてください。