2020.04.24
ལེགས་པར་བཤད་པའི་ཆུའི་བསྟན་བཅོས་ལུགས་གཉིས་རླབས་ཕྲེང་བརྒྱ་ལྡན་

すべての者たちが集う妙えなる交響曲

『水の教え・波打つ数の二つの教え』を読む・第30回
訳・文:野村正次郎
釈尊が説法をすると様々な衆生たちが自然に集ってくる。本偈では安全な桟橋や渡し津梁がある場所だと誰しもが水に入りやすいという喩えが描かれているが、これは温泉池として使用したり、水浴びをするなど様々な目的に使えるということを表している。
このページにアクセスするためには会員登録が必要です。

RELATED POSTS
このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、有料購読会員会費, 一般施主供養料, 特別施主供養料 or 曼荼羅施主供養料を購入してサインアップしてください。