2020.04.14
ལེགས་པར་བཤད་པའི་ཆུའི་བསྟན་བཅོས་ལུགས་གཉིས་རླབས་ཕྲེང་བརྒྱ་ལྡན་

現世利益をもたらす主人や世間の神々は、火にかけた薬缶の湯のようなものである

『水の教え・波打つ数の二つの教え』を読む・第21回
訳・文:野村正次郎
悪しき権力者というものは、無慚・無愧であり、常に敬意を払い奉仕しても、もしも貢ぎ物や賄賂を献上しなければ、急激に態度が豹変して、嫌悪感を丸出しにする。それはちょうど何日も釜で火にかけている鍋のなかの水も、火から離してしまえば、すぐに冷めてしまうようなものであるとする。
このページにアクセスするためには会員登録が必要です。

RELATED POSTS
このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、一般会員登録(月額プラン), 一般施主供養料(月次更新), 特別施主供養料(月次更新), 曼荼羅施主供養料(月次更新), 曼荼羅施主会員・年会費, 特別施主会員・年会費 or 一般施主会員・年会費を購入してサインアップしてください。