2020.04.06
ལེགས་པར་བཤད་པའི་ཆུའི་བསྟན་བཅོས་ལུགས་གཉིས་རླབས་ཕྲེང་བརྒྱ་ལྡན་

インド・チベット仏教文明のグローバル化

『水の教え・波打つ数の二つの教え』を読む・第14回
訳・文:野村正次郎
アムドに生まれた、グンタン・テンペー・ドンメ(1762-1823)は、ジャムヤンシェーパ二世クンケン・ジクメワンポによって化身認定され、幼少期からチベット語はもちろんのこと、サンスクリット語・モンゴル語・中国語も学び、若くしてデプン・ゴマン学堂に学び、22歳にしてほぼすべての学問を修めて以降、ふたたび1786年にアムドに戻ってからはクンケン・ジクメワンポによって開創されたガワ地域のタシゴマン僧院、ラブラン・タシキル僧院、ゴンルン僧院(ゴンルン・チャンパリン)といったアムド地域の重要がゲルク派の僧院の座主や管長を務めながら、アムドにおける仏法交流に大きな功績を残した人物である。
このページにアクセスするためには会員登録が必要です。

RELATED POSTS
このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、一般会員登録(月額プラン), 一般施主供養料(月次更新), 特別施主供養料(月次更新), 曼荼羅施主供養料(月次更新), 曼荼羅施主会員・年会費, 特別施主会員・年会費 or 一般施主会員・年会費を購入してサインアップしてください。