2020.03.21

行動変容のために:「他者のために行動することを喜びとする」これを「精進」という。

『水の教え・波打つ数の二つの教え』配信のお知らせ
野村正次郎

グンタン・リンポチェ(གུང་ཐང་འཇམ་དཔལ་བྱངས་དཀོན་མཆོག་བསྟན་པཔཔའི་སྒྲོན་མེ: 1762–1823)はデプン・ゴマン学堂の教科書を作成した傑僧クンケン・ジャムヤンシェーパ1世の直弟子でガンデン座主となったゲンドゥン・プンツォの化身ラマとして有名であるが、東チベットのアムド・ガワのタシゴマン僧院を発展させた人物としても非常に有名である。ゴマン学堂では、グンタン・リンポチェの著作は「クンケン父子三尊」とされて現在もゴマン学堂の系列の僧院の教科書となっている。

グンタン・リンポチェがどんな人物のなのかは、長い伝記を紐解けば詳しく書いてあるが、私はある日ケンスル・リンポチェにグンタン・リンポチェとはどんな人ですか、と聞いた時、リンポチェが教えてくれたのに

「グンタン・リンポチェはガンデン座主のゲンドゥン・プンツォの化身と名前だけ呼ばれて、化身のなかでも一番粗末な化身です、と自分でおっしゃっています。昔は弟子たちは先生に伝記やいろいろなエピソードを聞いたもんですが、同じようにグンタン・リンポチェにも『先生の御生涯を教えてください』と聞いた人がいたんですよ。その時に次のように答えられたのが有名です。」

実践をしようと思いもせず、20年過ごしました
しよう、しよう、と思いつつ、20年過ごしました
出来てない、出来てないと思いつつ、10年程過ごしました
人生を空しく過ごしてしまった、これが私の伝記です

私たちは、いつも他人がどんなことをしているのか、ということを気にしている。仏教の研究者であれば、研究対象のテキストがどんなテキストなのか、何か習いごとをしていれば、先生はどんな人なのか、ということが気になる。しかし、このグンタン・リンポチェの言葉は、そういう他人のことばかり気にしている私たちを戒めていることばである。またある時、ケンスル・リンポチェが教えてくれたことがある。

お釈迦さまは六年間苦行をされ、痩せ細った仏像があって有名ですよね。では何故、お釈迦さまは苦行をなされたかご存知ですか。

あれはブッダになるためには努力(精進)が必要だってことを教えるためですよ。

お釈迦さまは、ブッダになるというのは簡単なことではない、このことを身を以て教えるためにあんな苦行をされた訳です。

お釈迦さまは、王家の生まれで王子ですよね。財産も名声もすべてを持っておられましたが、それをすべて捨てて、一切衆生のためにブッダになるなり方をこの世に示されたんです。

それは苦行によっては覚りは到達できない、快楽によっても覚りには到達できない。ただ中道によってのみ覚りは到達できるものであり、それには精進というものが必要である、ということを教えておられすのです。

精進」とは利他行などの善業を喜びとし、それに勤しむ気持ちのことである。その反対を懈怠(けたい)と言う。要するに怠けるということである。

懈怠」を分類すると以下の三つになる。

  • 善業は自分は出来ないと勝手に判断してやらない
  • 善業は出来るけどやらない
    • 未だ時間的余裕があるので後回しにして努力しない
    • 他のことをしていて努力しない

「自分にはできませんのでやりません」「いまは緊急性がないので後でやりますがいまはしません」「いまはこっちのことが忙しいのできません」これらは怠惰で努力をしない、ということを仏教では説いている。同時に精進というものがあらゆる善のなかでも最高のものである、ということを説いている。

行動を変容するためには、考え方を変容し、それによって行動する」ということを仏教は教えてきた。「諸悪莫作・衆善奉行・自浄其意・是諸仏教」というのはまさにこのことであり、グンタン・リンポチェの誡めにもあるように、普段自己中心的な生活をしている我々は、小さいことからでもはじめるしかないのである。

インドではすでに外出禁止になり、チベット難民の僧院でもすべての法要や集会は禁止されている。人類全体がこの問題に現在取り組んでいるが感染は拡大している。ダライ・ラマ法王やノーベル平和賞の受賞者たちも我々ひとりひとりの考え方の変化が世界中の人々の幸福と平和を実現する、というメッセージを発信してこられた。我々はいまそれらのメッセージをきちんと受け取り、いまこそ慈悲や愛、そして小欲知足の精神を実践する時ではないかと思われる。

自宅待機の生活は慣れないと退屈であろう。弊会としてできることとしては、何か仏教に関することを少しでもちょっとずつ配信するということではないか、と思われる。これから毎日グンタン・リンポチェの『水の教え・波打つ数の二つの教え』という詩篇を翻訳して配信してみたい。


KEYWORDS:
RELATED POSTS