初転法輪とは何かを考える


作成日: 2018-07-15 最終更新日: 2018-07-16

デプン・ゴマン学堂の集会殿には法輪が荘厳されている

チベット暦の6月24日は、釈尊が鹿野苑の地で初めて法輪を転じられた日である。釈尊はブッダガヤで4月15日に成道なされた四十九日後、五人の従者に対して法輪を転じられはじめたこの日をチベット語では「チューコル・ドゥーチェン」と呼び、釈尊の四大節のひとつとしている。

釈尊が最初に説いた教えは、苦集滅道の四聖諦でありこれを「四諦法輪」と呼び、その後、ラージャグリハの霊鷲山にて般若経をはじめとする「無相法輪」を説き、ヴァイシャーリーなどで『解深密経』や如来蔵などを説かれたことを「三転法輪」と呼ぶことはよく知られいる。しかしながらそもそも「法輪」というのは一体何なのか、ということについてはあまり知られていない。

デプン・ゴマン学堂の学堂の教科書を著した、クンケン・ジャムヤンシェーパは「法輪」とは何かということについて『現観荘厳論』の考究書において次のように定義をして説明しているので、それを若干紹介しておこう。

まずクンケン・ジャムヤンシェーパは、「ブッダの教えのすべてが三転法輪のいづれかに属するという訳でない」という説のと「三転法輪のいずれかに属するけれども、転法輪は必ずしも三つであると数が確定しているわけではない」という説のとの両方を批判して、ブッダの様々な教えは三転法輪のいずれかに属するもののであり、転法輪は三つに数が確定している、と言っている。また「『解深密経』で説かれる三転法輪」と「三転法輪」とは必ずしも一致していないということについても詳しい分析を行なっている。

また一般的には、「成道後、四十九日間説法をしなかった」と言われるが、そもそも成道したブッダが説法をしないことはあり得ないのであって、最勝の化身たる釈尊は、神々の鼓のように途切れることなく説法をしていたのであって、所化の劫によってその説法の声が聞こえたかどうかの問題に過ぎないことを述べている。さらには釈尊の伝記とされる十二の行状も、実在論者には時間的な前後関係があるように見えるが、実はすべて同時に一時になされたものであることを述べている。こうした議論に続き、クンケン・ジャムヤンシェーパは「法輪」とは何かということについて次のように定義している。

聖教・証解の二つの正法のいずれかに属す功徳、それが法輪の定義である。方便たる一切相智の果である聖教・証解の正法が所化の心相続を移行することで、異品(非法)を取り除くことが転輪聖王の輪が有する性質に対応していることで、「法輪」と説かれるからである。これには聖教と証解との二つがある。聖教たる正法、これが聖教法輪の定義である。十二部教が定義基体である。証解たる正法、これが証解法輪の定義である。五道・滅諦が定義基体である。

現代風の言葉で言えば、聖教・証解というのはブッダの言葉と思想ということになる。ブッダの言葉と思想によって、弟子たちが心に抱いている誤った考えであったり思いが駆逐され、それが転輪王がもっている世界を支配する武器である輪(チャクラ)のようなものであるから、「法輪」と呼ばれ、聖教法か証解法の何れかに属するものであるとここでクンケン・ジャムヤンシェーパは説いている。そしてそれらが具体的には十二部教や五道・滅諦のことを指していると述べている。

釈尊の説かれた四聖諦については、昨年ゴペル・リンポチェが解説してくださった通り、クンケン・ジャムヤンシェーパは別のところで

四聖諦が「聖諦」と述べられるのには理由がある。聖者が観る通りに存在しており、通常の童子たちが見る通りには真実ではなく、それゆえにそのように説かれるからである。『声聞地』では「聖者たちはこれらの真実をその通りに見ているのであり」とある。

四聖諦が「聖諦」と呼ばれるのは、真実を現観している聖者にとっては事実であるが、凡夫にとっては事実ではないから、そのようなものを「聖諦」と呼ぶと語義解釈される。そして「苦諦」については次のように定義している。

それ自身の因たる集諦から生じている、という観点で特定される有漏の事物、これが苦諦の定義である。分類すれば、異熟果たる内部の有情の取蘊と、後の増上果である不浄なる器との二つがある。その本体の観点で苦苦・壊苦・行苦の三苦がある。

ここで「不浄なる器」というのはいわゆる器世間のことであり、海や山や川や谷も器世間であるので、たとえば「地球は苦聖諦である」ということができるのである。つまり「地球は。聖者にとっては苦であることが事実/真実である」という意味になるのである。また有情の取蘊というのは、いわゆる「私たちの体や精神そのものが苦である」ということになるのである。

地球や山や川が苦しみである、というのは一体どういうことなのかといえば、それらは煩悩と業によってできたものであるので、通常は私たちはそれを苦しみ(苦苦)であるとも思わないし、楽(壊苦)であるとも思わない、「行苦」と呼ばれるものであるが、それはすべて聖者からみれば苦しみにすぎないということを意味している。今日もリンポチェにも伺ったが「ティッシュペーパーであろうと、地水火風といった物質を構成する元素であろうともそれらは煩悩と業によってできているものなので、苦諦に決まっていますよね」と仰られた。

我々仏教に関わっているものでも普段はあまり意識していないが、この世界は「壊れゆく場所」であり「苦しみである」というのが事実なのである。仏教に基づいて考えれば、今回の西日本の災害があったこの世界はもともと苦しみであり、現在様々な善意によって復興されつつあるこの世界もまた苦しみであることが事実であるということになる。

ダライ・ラマ法王が以前宮島で引用されたパンチェン・ロサン・チューキ・ゲルツェンの『師供養』には次のように説かれている。

輪廻の過失を思い 苦苦を恐れて解脱を求める思いは牧畜にもある
有漏の楽受を厭離したいという思いは外道にも有る
したがって 行を自性とするこの取蘊が
苦を成すものであり 成す事になるものであり
この器は伝染病や難病や激痛の如くであると
このように考えて修習するのならば効果があるだろう

これに対してダライ・ラマ法王は次のように解説をされている。

ここでは、輪廻の欠点に思いを寄せて、「苦苦」から逃れたいという思いは畜生にも共通しているものですし、また、「壊苦」である有漏の楽受から逃れたいという気持ちは、外教徒にも共通するものですので、仏教徒が苦の修習する時には、第三の「行苦」を思う必要が有る、ということが説かれています。

仏教徒たる我々が知るべき苦とは「行苦」がメインであり、しかも我々の外側の世界であろうとも、内側のものであろうとも通常苦とも楽とも思っていないものが、苦であることを知るべきである、ということが初転法輪で最初に説かれる「苦諦」であるということである。ダライ・ラマ法王はこの解説に続けて次のようまた説かれている。

たとえば殺生をしない事は、必ずしも宗教上の実践すべきことだとは言えません。一般に信心深い人は、殺生や殺人をしませんよね。しかし、殺生しないだけでは宗教とは言えません。必ずしもそうではありません。たとえば違法行為を恐れ、「人殺しはよくない」と自制することもあります。しかしこの場合の不殺生は単に違法行為を恐れてるだけで、罪悪感によって自らを律して殺生をしないのとは異なっており、解脱を得たいと思い不殺生をしている訳ではないのです。その場合には殺生を律している、身体的善は有りますが、それは即ち「法」とはならないのです。また同様に「殺生は罪悪だ」と考えている罪悪感に基づいた不殺生は「宗教的な営み」ですが、必ずしもそれが「仏教」をという事にはならないのです。ですから、解脱を考えて仏法である涅槃を思う事で、真実把握は誤りであると思い、そこから離れた解脱の境地、それを得るために、そのために殺生をしないのなら「仏教」と言えるのです。

仏教とは「無上甚深微妙法・百千万劫難遭遇」と呼ばれるように簡単に理解できるものではない。「法輪とは何か」「苦諦とは何か」「不殺生とはどのように実践すべきか」ひとつひとつの教義に重みと深さがある。近現代では何でも便利であったり、簡単に理解でき、容易にできることが良しとされてはいるが、その価値観は難解なブッダの教えとは異なっている。仏教とは高度に知的な教えであり、知性を研ぎ澄ました極限の状態こそが、一切相智と呼ばれるブッダの知である。そしてそれを実現すべき教えだからこそその教えが教えられたことが大変貴重であり、私たちは初転法輪の時が極めて特別な日であると感じることができるのであろう。

かつてケンスル・リンポチェは「立派な家を建てるだって苦しみの原因をつくることですよ」とおっしゃっていた。ゲンロサンは六本木ヒルズの展望台から見る夜景を眺めて「やはり輪廻の衆生たちは一生懸命苦しみを作り出している」とおっしゃっていた。釈尊から展示られて伝わる法輪をもつゴペル・リンポチェも「このティッシュペーパーだって苦しみに決まってますよ」と笑いながらおっしゃっている。釈尊がいまから2500年以上も前に説かれたことばと思想は、こうしていまも生き続けていると思われる。