キーワード: 開運焼香供

2018.04.19
今年のサカダワの法話会は心性本浄論について

お寺に続く山道では、ミツバチや小さな虫が羽音をたて、山藤がポトリと落ちてきます。チベット寺の五月はサカダワが始まります。 サカダワ特別法話会では「本性清浄」について詳しく解説していただきます。昼食の準備がありますので登録 […]

2018.03.28
カレラーゴーレ(なんて言うんだっけ)アリがっと、、、ごぜーます(リンポチェ) こんな3月これから4月

昨日はリンポチェの再診日でした。みなさまからの様々なご支援と励まし、リンポチェご自身の努力もあって、再度数値が下がりました。医師からはもう5週間継続して自己管理してもらいましょう、と言っていただきました。 いよいよ桜が咲 […]

2018.02.27
逃げる2月追わずの大きな御御足

リンポチェは腰がお悪い。座してお経をする時間が長いので、これはちょっとツライ。アボさんが、「それはしっかり骨盤を立てて背筋を伸ばして、座らないからだろう」と。でもと言いたそうなお顔で言葉を飲み込む。そして話をそらすリンポ […]

2018.01.30
2月賑やかな食卓

東京にて師資相承供養・法話会を行い、その後いよいよロサル(チベットのお正月)の準備(すす払いやカプセ作りなど)が始まります。ロサルが終わると第17ラブジュン地戌歳神変祈願祭です。 チベット僧の食事風景を見ていると、食事内 […]

2017.11.08
12月のご案内ダライ・ラマ1世、パンチェン・ラマ1世の師であるジェ・ツォンカパの供会

兜率五供・万灯会・師資相承供会 昨日は木枯らしの中、リンポチェが東京からおかえりに。アボさんは数日かけてお一人でライトの設置と落ち葉がき。「朝ちゃんと掃いてます」って書いて貼っとこうか、というほど振り向けば落ち葉(チベッ […]

2017.09.24
夕刻の読経と秋の法要のご案内

きびしい夏の暑さを生き抜き、今はもういなくなった夏のいきもの。アボさんたちの洗濯物に、リンポチェの袈裟にとまっていた彼らも、もはやいなくなってしまいました。いつまでもあるものは一つとしてなく、すべからく遺った力あるものは […]

2016.08.30
9月の行事案内

秋の夜長を鳴き通す、虫の音がようやく聞こえてまいりました。夏のお疲れが出ていらっしゃいませんでしょうか。今年もひどく暑い夏でした。あたたかい飲みものにかえて、身も心も一息ついたところです。どうぞみなさまも心と体の養生にお […]

2016.08.17
秋はくる 彼岸をめざすということ

苦しい時は感情的になりやすく、苦しみを観察することが難しいです。けれども苦しみを知っていると悲心をはぐくむ糧にもなるように思います。苦しみの中にいるときには、静かにやり過ごす、悪感情を手放す。これがレリゴー(Let it […]

人気のある記事

  • 関東定例法話会 港区高輪の皇族邸の近くの静謐な住宅街の一角GOMANG HOUSEにて毎月ゴペル・リンポチェによる菩...
  • せめぎあう合う伝統の間で(1) 2014年日本別院の開創式典でシャナクを披露するアボ かつて日本にはチベットの僧侶たちが暮らす正式なチ...
  • 法人概要 正式名称 一般社団法人 文殊師利大乗仏教会もんじゅしりだいじょうぶっきょうかい 英文名称 Manju...
  • カレンダー 文殊師利大乗仏教会では、チベット暦に従った伝統的な行事をはじめさまざまな行事を行なっています。行事日程に併せて...
  • リセット 秋雨が作物をはぐくむものであればいいなぁと思いながら、傘をさしてスーパーに行き、カートを押しつつ店内を...
  • デプン・ショトン(ヨーグルト大祭) チベットのデプン大僧院は、チベットの霊鷲山とも呼ばれるゲペル山の麓にあります。この山には昔から悪霊が棲んで...
  • 修習の日 チベット暦3月15日は、釈尊が霊鷲山において般若経を説かれたとの同時に、南インドでカーラチャクラタン...
  • イシ 「私の生まれはザンスカールです。家が貧しかったので、6歳の時に上の兄と一緒に南インドに送られました」 ゲンギ...
  • サカダワ〜釈尊の降誕・成道・涅槃の月〜の行事のご案内 今月はチベット暦の4月。釈尊の降誕・成道・涅槃の月として1年のなかでもっとも聖なる月です。 6...
  • バター灯明 チベットの灯明はバターで作られています。バターのことはチベットでは「マル」と呼び、通常ディ(雌のヤク)の乳から...

タグ