/* Template Name: Archives */ GOMANG ACADEMY | MMBA | 文殊師利大乗仏教会

GOMANG ACADEMY

GOMANG ACADEMY

GOMANG ACADEMYとは、チベット仏教ゲルク派総本山デプン・ゴマン学堂のゲシェーたちと日本人仏教研究者たちとの共同研究プロジェクトです。デプン・ゴマン学堂のゲシェーたちと日本人研究者とのコラボレーションによって、日本におけるチベット研究の促進ならびに普及のために活動しています。

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2018.06.15
倶舎論講読会

2015年より行なっているGOMANG ACADEMYの研究活動の一貫として、ゴペル・リンポチェによる『阿毘達磨倶舎論』を対象とした研究会が昨年から行われている。参加者はチベット仏教を志す若手の研究者が中心となっており、‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2015.11.14
インターンシップ・プログラム

ダライ・ラマ法王の法話をチベット語ですべて理解したり、チベット仏教の法話ならびに通訳・解説者となるためには、特殊な訓練を受けなければできません。現在日本ではチベット語の特に仏教用語に関連した話し言葉/書き言葉を正しく翻訳‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2015.11.14
公開シンポジウム「伝法の未来を考える」第1部報告

2015年4月5日、ロイヤルパークホテルにてGOMANG ACADEMY OPEN SYMPOSIUM 2015「伝法の未来を考える」と題して、ダライ・ラマ法王14世テンジン・ギャツォ猊下をお迎えし、公開シンポジウムが行‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2015.11.14
公開シンポジウム「伝法の未来を考える」第2部報告

先日行われたGomang Academy Open Symposium 2015 公開シンポジウム「伝法の未来を考える」第2部は三人の発表者のプレゼンテーションで幕開けした。 ユニコードとデジタル大蔵経/リー・コリンズ ‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2015.11.14
GOMANG ACADEMY 公開シンポジウム「伝法の未来を考える」2015が開催されました

2015年4月5日、弊会はGOMANG ACADEMYの主催で「伝法の未来を考える」と題した公開学術シンポジウムを開催しました。 第1部 回顧・日本における仏教思想の共同研究の基盤 ごあいさつ/長野泰彦(日本チベット学会‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2015.04.07
Studies of Buddhist Logic in Japan

Your Holiness, it is my great honor to present a brief history of studies of Buddhist logic in Japan. Unlike i‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2015.04.05
チベット仏教研究の過去と未来

はじめに 私は現在大谷大学でチベット仏教を教えている福田と申します。10年前に大谷大学に移動する前は、東京の東洋文庫チベット研究室の専任研究員としてチベット仏教の基礎研究を行っていました。本日は、東洋文庫のチベット研究室‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
VOICE
2015.04.03
伝法の未来を創ってきた人のお話

GOMANG ACADEMY OPEN SYMPOSIUM「伝法の未来を考える」では、現在の日本の第一線で活躍している研究者の先生方とダライ・ラマ法王の対話が行われます。それに加えて異色なゲストをシリコンバレーからお迎え‥

GOMANG ACADEMY
2014.11.22
GOMANG ACADEMY 発足のお知らせ

Gomang Academyは、デプン・ゴマン学堂に伝わる仏教思想・文化を伝えるため、チベット人学僧と日本人研究者の学術交流を促進し、広く情報発信を行なうことを目的として開始された研究事業です。特にゴマン学堂から派遣され‥

GOMANG ACADEMY
2014.06.21
チベット仏教語専門通訳人材養成プログラム対象者の募集

ダライ・ラマ法王の法話をチベット語ですべて理解したり、チベット仏教の法話ならびに通訳・解説者となるためには、特殊な訓練を受けなければできません。本来ならば、こうした語学教育は、大学や大学院などといった専門の教育機関で行う‥

CIRCLE
GOMANG ACADEMY
2014.06.20
コラボレーション・スタッフの募集

文殊師利大乗仏教会では現在当サイトの大幅なリニューアルを考えております。もっと活発にチベットの僧侶の方々とコミュニケーションがとれるようなサイトにしていきたいと思います。