備えあれ


作成日: 2018-01-13 最終更新日: 2018-01-15 作成:事務局

仏説を紐解いて解説してもらい、日々の生活にすり合わせ、絶望の淵に立たないよう少しずつ心をトレーニングする。細かく心を見つめ続けてきた仏教の終着点は、点さえもない空性。まるで物理の世界です。

法話会や法要に参加されるみなさまからのお布施のおかげで、関西や東京でこの機会を設けることができています。そして、ご祈祷やご寄付のおかげで、リンポチェの医療チェックをすることができました。みなさまの護持に寄せていただくお心に、心よりお礼申し上げます。

現在、日本人スタッフは全てボランティアとなっておりますため、アボさんの負担も多くなっています。レスポンスが遅くみなさまにもご迷惑をおかけしておりますが、今年も支え合って参りたいと思います。ボランティア通訳の先生からのメールにあった「仏友って大切ですよね」ということばが心に残る2018年のはじまりです。みなさま、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

遠方の方にも参加していただけるようできる限り法話会のライブ中継も行っていきたいと思います。

1月はアボさんも同行されます。京都での法話会:1月20日(土)の後には食事会を企画してくださっているようですので、参加登録をお願い申し上げます。

追伸  淡路島地鎮祭、関西・関東法話会のため、1月18日〜24日お堂でのお経はありません。
1月16日は病院再診のため、お堂でのお経はありません。

 


近畿定例法話会

  • 日時:2018年1月20日(土)13:00~15:00
  • 講師:ゴペル・リンポチェ師
  • 拠所:住蓮山 安楽寺  http://anrakuji-kyoto.com
    〒606-8422 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
  • 参加料:志納
  • 終了後、食事会場へ移動しますので予約の都合上参加登録をお願いいたします。

参加登録


関東定例法話会

  • 日時:2018年1月21日(日)13:30-16:00
  • 場所:GOMANG HOUSE TOKYO
  • 講師:ゴペル・リンポチェ師
  • 通訳・解説:野村正次郎
  • 参加料:志納

参加登録へ


日本別院定例法話会

  • 特別講師:ゴペル・リンポチェ・ガワン・ニェンダー師
  • 通訳・解説:根本裕史
  • 日時:2018年1月28日(日)13:00-15:30
  • 会場:龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院

緑多羅四曼荼羅供養

毎月チベット暦8日にあたる日には、すべての仏の活動を象徴する緑ターラー菩薩を補蛇落浄土から招請し、供養マンダラを4つ捧げ、一切の諸仏の活動を促すためのお願いをします。その時にあわせてみなさまのお願いごともお祈りいたします。
特に商売繁盛・当病平癒などの御利益があると謂われています。

 

 

MMBA Store →
ストアでお申し込み

 


護法尊特別供養

毎月チベット暦9日にあたる日には、デプン・ゴマン学堂の4つの護本尊(パルデン・ラモ、大黒天、毘沙門天、夜摩法王)たちの供養をします。憤怒尊たちにトルマや黄金の飲料(セルケム)を捧げて、仏法の護持興隆、仏教の実践者の順縁成就、逆縁消除をの活動を依頼します。その時にあわせてみなさまのお願いごともお祈りいたします。