キーワード: 龍蔵院

2017.06.01
釈尊への曼荼羅供養法要サカダワの受付一部終了と京都法話会6月24日のご案内

釈尊への曼荼羅供養法要サカダワの受付一部終了しました。施主のお申し込み、供養のお申し込みをいただきありがとうございます。ゴペルリンポチェをお迎えして、法要・法話会を行って参ります。なお、近畿(京都安楽寺さまにて)法話会を […]

2017.05.16
夜も白むころ

リンポチェ来日前に、2013年のデプン・ゴマン学堂での様子を。この時にはゲンロサンがダライ・ラマ法王から重責を賜ることもその直後に、ご逝去されることにも思いは寄らず、リンポチェの来日がこれほど早まるとは思ってもいませんで […]

2017.05.16
釈尊への曼荼羅供養法要サカダワ(5月の定例法話会は6月3日・4日に変更)

「サカダワ大祭」とはカーラチャクラ・タントラに基づく伝統的なチベット暦サカダワ(四月)に行われる釈尊の降誕・成道・涅槃に因んだ大乗仏教の縁日です。特にチベットではサカダワの朔日から十五日まで潔斎して、在家信者・出家信者を […]

2016.05.03
5月14日-22日 火申歳サカダワ大祭

「サカダワ大祭」とはカーラチャクラ・タントラに基づく伝統的なチベット暦サカダワ(四月)に行われる釈尊の降誕・成道・涅槃に因んだ大乗仏教の縁日です。特にチベットではサカダワの朔日から十五日まで潔斎して、在家信者・出家信者を […]

2016.05.02
龍蔵院春季大祭が行われました。

昨日5月1日は龍蔵院の本尊大聖歓喜天の大祭の日。龍蔵院では数日前からアボたちをはじめいつも来られる信徒のみなさまと準備が進められ、今年もウグイスのよく鳴く気持ちのいい春風の中で、アットホームな雰囲気のなか、職衆に宝勝院・ […]

2010.07.27
龍蔵院とは

龍蔵院の御縁起 龍蔵院の御本尊の大聖歓喜天は、御丈五寸五分純金の御姿で、毛利家代々の持仏と言われています。 天正十七年(1589年)2月26日、毛利輝元(1553-1625)公は広島城を築城するにあたり二葉山から牛田山を […]

2010.07.27
日本別院

日本唯一の正式なチベット仏教である龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院では、チベット仏教総本山から派遣された僧侶たちが常駐し、インドに行かなくても、どなたでも本場のチベット仏教に触れる機会をご提供しています。

人気のある記事

  • 関東定例法話会 港区高輪の皇族邸の近くの静謐な住宅街の一角GOMANG HOUSEにて毎月ゴペル・リンポチェによる菩...
  • せめぎあう合う伝統の間で(1) 2014年日本別院の開創式典でシャナクを披露するアボ かつて日本にはチベットの僧侶たちが暮らす正式なチ...
  • 法人概要 正式名称 一般社団法人 文殊師利大乗仏教会もんじゅしりだいじょうぶっきょうかい 英文名称 Manju...
  • カレンダー 文殊師利大乗仏教会では、チベット暦に従った伝統的な行事をはじめさまざまな行事を行なっています。行事日程に併せて...
  • リセット 秋雨が作物をはぐくむものであればいいなぁと思いながら、傘をさしてスーパーに行き、カートを押しつつ店内を...
  • デプン・ショトン(ヨーグルト大祭) チベットのデプン大僧院は、チベットの霊鷲山とも呼ばれるゲペル山の麓にあります。この山には昔から悪霊が棲んで...
  • 修習の日 チベット暦3月15日は、釈尊が霊鷲山において般若経を説かれたとの同時に、南インドでカーラチャクラタン...
  • イシ 「私の生まれはザンスカールです。家が貧しかったので、6歳の時に上の兄と一緒に南インドに送られました」 ゲンギ...
  • サカダワ〜釈尊の降誕・成道・涅槃の月〜の行事のご案内 今月はチベット暦の4月。釈尊の降誕・成道・涅槃の月として1年のなかでもっとも聖なる月です。 6...
  • バター灯明 チベットの灯明はバターで作られています。バターのことはチベットでは「マル」と呼び、通常ディ(雌のヤク)の乳から...

タグ