関東定例法話会


作成日: 2015-09-04 最終更新日: 2018-07-08

港区高輪の皇族邸の近くの静謐な住宅街の一角GOMANG HOUSEにて毎月ゴペル・リンポチェによる菩提道次第論に関する法話会を行なっています。菩提道次第論はすべての仏教の教えをひとりの人がブッダになるための精神状態の進化の過程を述べたもので、チベット仏教ゲルク派の開祖ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパのもっとも代表的な著作です。

定例法話会では、このジェ・ツォンカパ・ロサンタクパの『菩提道次第広論』をひもときながら、そこに出てくる様々な仏教用語を解説しながら読み進めていっています。どなたにでもわかりやすく、仏教の教えを学び、それをみなさまの自分の心の営みとなることを目指しています。

  • 次回の日程:2018年7月22日(日)13:00-16:00
  • 講師:ゴペル・リンポチェ・ガワン・ニェンダー師
  • 内容:ジェ・ツォンカパ『菩提道次第広論』『菩提道次第要義』
  • 通訳・解説:野村正次郎
  • 拠所:GOMANG HOUSE TOKYO
  • 参加料:志納
  • 募集人数:15名限定(先着順)会場の都合上、人数に限りがございますので、なるべくおはやめにお申し込みください。
  • 無料招待席:在日チベット人とその家族・30歳以下の学生、身障者の方を無料でご招待します。(準備の関係上事前の申込は必要です)

参加のお申し込み

15名限定(先着順)会場の都合上、人数に限りがございますので、なるべくおはやめにお申し込みください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)