2018.07.08

日本別院における西日本集中豪雨の被害状況について

龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院一同

このたびは西日本の集中豪雨に伴い、広島をはじめとして近隣の諸県では大きな被害が出ています。日本別院でも金曜のダライ・ラマ法王のお誕生日の夜から激しい雨が続き、こちらも土砂災害の危険区域の避難勧告がでていましたが、日本別院は山の上にもあり、境内の地盤は非常に硬いために様子見をして、リンポチェとアボのお二人も静かにみなさまのご無事をお祈り申し上げておりました。

昨夜からは報道でも被害状況が全国に報道され、みなさまから私どもの被害状況についてご心配の声をいただいておりますが、お二人とも無事に元気に暮らしておりますので、どうぞご心配なされないようにお願いしますとのことです。

境内下の小川が一時氾濫してましたが広島市の方が対策にきてくださいました。

日本別院の境内の下の竹林の一部が土砂崩れにになったり、近所の川が氾濫しておりましたが、現在は落ち着いております。境内下の土砂が堆積しやすい河川については広島市の方々が応急処置にきてくださいましたので、今後氾濫する可能性は低いとのことです。

もともと広島の山林部の地質は後期白亜紀の花崗岩でできており、比較的降水による地盤の緩みやすい地質であるとのことで、私どもとしては今後はこれよりも大きな災害にならないように、今後広島市や専門家の意見を仰ぎならがら協議の上、対策を進めていきたいと存じます。

本日は通常ならば宮島大聖院にて法要を行う予定でしたが、いまだ雨も降っており、公共交通機関も完全に正常ではないことや、近隣の人々がいまも救助を求めて孤立されていることもおられることを鑑みて、本日は法要を日本別院にて行わせていただきました。(上記の動画が本日の様子です)

また今回の集中豪雨によりなくなった全ての方のご冥福をお祈りすると同時に、現在も避難を続けてられる方は一刻もはやく通常の生活に戻れるようお祈り申し上げます。

とりいそぎ、ご心配をしてくださいまして誠にありがとうございます。スタッフ一同深く御礼申し上げます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院一同