キーワード: 学説規定摩尼宝鬘

2012.01.08
『学説規定摩尼宝鬘』

仏教の究極の目的とは、一切衆生がこの世の苦しみと苦しみの原因を離れた、空性を直接理解する一切智者の位に到ることに他ならない。そのためにはまず修行の基体となるものは何か、そして修行はどのように行われるのか、その結果何がもた […]

このページにアクセスするためには会員登録が必要です。有料購読会員会費, 曼荼羅施主供養料, 無料購読会員登録, 一般施主供養料 または 特別施主供養料.
2009.08.27
F2 帰謬派の教義の説明

F2の帰謬派の教義の説明には、G1定義・G2語源解釈・G3主張内容の三つがある。 G1 定義 それ自身の相によって成立しているものを言説としてすらも認めない無自性論者、これが帰謬派の定義である。定義基体は、たとえば、ブッ […]

2009.08.27
H1 瑜伽行中観派の教義の説明

H1には、I1基体の主張内容・I2道の主張内容・I3果の主張内容との三つがある。 I1 基体の主張内容 I1基体の主張内容についても、J1客体・J2主体との二つがある。 J1 客体 基体成立ならばそれ自身の特質によって成 […]

2009.08.27
F1 自立派の教義の説明

F1には、G1定義・G2語源解釈・G3分類・G4学説の主張内容の四つが有る。 G1 定義 それ自身の特質によって成立しているものを言説において承認する無自性論者、これが自立派の定義である。 G2 語源解釈 何故「中観自立 […]

2009.08.27
D4 無自性論者たる中観派の学説の規定の説明

D4の無自性論者たる中観派の学説の規定には、E1定義・E2語源解釈・E3分類・E4分類された各々の対象の説明とで四つある。 E1 定義 真実成立の法が微塵ほども無いと承認する仏教学説論者、これが中観派の定義である。 E2 […]

2009.08.27
D3 唯識派の学説の規定の説明

D3には、E1定義・E2分類・E3語源解釈・E4主張内容との四つが有る。 E1 定義 外部対象を承認せず、依他起は真実成立であると主張する仏教内部の学説論者、これが唯識派の定義である。 E2 分類 この学派を分けると、唯 […]

2009.08.27
D2 経量部の学説の規定の説明

第二の経量部の学説の規定には、E1定義・E2分類・E3語源解釈・E4主張内容との四つがある。 E1 定義 自己認証と外部対象との両方を真実として思い込むことにより承認する小乗の学説論者、これが経量部の定義である。経量部・ […]

2009.08.27
D1 毘婆沙部の学説

D1には、E1定義・E2分類・E3語義説明・E4主張内容の四つが有る。 E1 定義 自己認証を主張せず、外部対象が真実成立であると主張する小乗の学説論者、これが毘婆沙部の定義である。 E2 分類 それを分類するとカシミー […]

2009.08.27
B1 外教の学説の規定の概説

B1 外教の学説の規定の概説 学説論者であり、かつ、三宝に帰依せず、それとは別の説法者が有ると承認している人、これが外教学説論者の定義である。それを分類するとあらゆるものがあるけれども、纏めるならば、ヴィシュヌ派・イーシ […]

2009.08.27
帰敬偈・序論

稀有なる二資量の雪山は慈悲の煖で溶け出す 自然成就の法身の地を巡り 四種の学説の河流は分岐する 偉業の大波は天空に届く 外教の童子たちを畏怖するだろう 千万の龍を戴く勝子の港 大湖マナサロワール 牟尼自在に勝利あれ 勝者 […]

人気のある記事

  • 4月15日 毘沙門天特別供養 この週末リンポチェは関東定例法話会のために東京へ出張となりますが、日本別院では、アボさんによって毘沙...
  • カレンダー 文殊師利大乗仏教会では、チベット暦に従った伝統的な行事をはじめさまざまな行事を行なっています。行事日程に併せて...
  • サカダワ大祭 サカダワ大祭とは 「サカダワ大祭」とはカーラチャクラ・タントラに基づく伝統的なチベット暦サカダ...
  • 月例行事 日本別院では、チベット暦に基づいた各種の法要や毎月の法話会を行っています。 法要は仏様にゆかり...
  • 弥勒祈願祭 大本山大聖院(広島・宮島)では、歴代のダライ・ラマ法王の所属寺院チベット仏教ゲルク派総本山デプン・ゴ...
  • 5月8日 関東定例法話会「菩薩のライフスタイル」 菩薩たちが到達している菩薩行・「彼岸」のライフスタイルは、自分よりも他者の方が大事だと思う、大悲心に基...
  • 明日の大聖院弥勒祈願祭・師資相承供の変更 明日の宮島大聖院弥勒祈願祭・師資相承供は、龍蔵院で行います。 弥勒祈願祭・師資相承供 日時:201...
  • 広島駅からチベット寺までは 広島駅から、チベット寺へは。 広島駅 <南口> 4番のりば(上記の写真:『牛田早稲田』行き)から...
  • 2019/5/3-5 春季特別修法会「実践菩提道次第六加行法」 菩提道次第の福田樹(ツォクシン)図 いよいよ平成の最後の月となりました。来月からは令和元年となります。...

タグ