キーワード: 七支因果

2010.03.27
J2 その心を起こすことそのもの

これには三つある。K1 慈心の修習、K2 悲心の修習、K3 増上意楽の修習。 K1 慈心の修習 慈の所縁は「楽をもっていない有情」である。行相は、「幸せであればよい」「幸せになりますように」という思いと「幸せにしなければ […]

2010.03.27
L3 報恩心の修習

こうして生死流転してきたことで単に面識がないこと以外には、恩義のある、苦しんでいて救われることのない、自分の母親のことを顧みずに見放ししてしまい、自分だけが輪廻から何とか解脱できれば、と思うことほど恥知らずなことはない。 […]

2010.03.27
L2 恩を想う

一切の有情は母であると修習した後、まず最初に今生の母について修習すれば〔恩義が有るという感情は〕すぐに起きるであろう、とポトワがお考えになられる通りに修習しなくてはならない。 目の前に母のはっきりとした姿を思い描く。今生 […]

2010.03.27
L1 母であると修習する

輪廻には始まりは無いので、自分の生にも始まりは無い。それ故に生死を流転し、輪廻においてこの身は受けていないとか、この方面には生まれてないということは全く無いのであり、〔過去世において自分の〕母等の親族となっていない者など […]

2010.03.27
K2 一切衆生をいとおしい姿で成立させる

 K2には三つ。L1 母であると修習する、L2 恩を想う、L3 報恩心を修習する。

2010.03.27
K1 知母より慈までの因果関係

 一般に単に苦しみから離れたいと気持ちは、その有情の苦しみを何度も思えば生じるのであるが、その心がより容易く強力なものとして堅固に生じるためには、それ以前にその有情が好ましく愛しく惜しむべき形相を伴っていなければならない […]

2010.03.27
J2 それ以外の因果がそれの因果とどのようになるのか

 J2には二つ。K1 知母より慈までの因果関係、K2 増上意楽と発心の因果関係。 K1 知母より慈までの因果関係  一般に単に苦しみから離れたいと気持ちは、その有情の苦しみを何度も思えば生じるのであるが、その心がより容易 […]

2010.03.27
H1 因果七口訣

七支因果とは次のようなものである。正等覚は、菩提心より生じる。この心は増上意楽より生じる。この意楽は悲心より生じる。悲心は慈心より生じる。慈心は報恩心より生じる。報恩心は想恩より生じる。想恩は、知母より生じるのである。こ […]

人気のある記事

  • アボ(ロサン・プンツォ) 2004年の日本別院の開創以来、日本別院スタッフとして常駐し、悩み相談から砂曼荼羅の制作まで活躍するロサン...
  • お問い合わせ 文殊師利大乗仏教会ならびに当サイトに対するご意見・お問い合わせやご提案などは、以下の入力フォームより御送りくだ...
  • 寄付・協賛のお願い インドのデプン・ゴマン学堂の僧侶達の生活や教育のため、また日本別院や弊会の活動にご賛同下さる方のご寄付やご協賛...
  • 護法尊特別供養 この法要はデプン・ゴマン学堂の4尊の護法尊たちを特別に供養するものです。チベット暦で毎月9日に行われ...
  • 関東定例法話会 港区高輪の皇族邸の近くの静謐な住宅街の一角GOMANG HOUSEにて毎月ゴペル・リンポチェによる菩...
  • GOMANG ACADEMY Gomang Academyは、デプン・ゴマン学堂に伝わる仏教思想・文化を伝えるため、チベット人学僧と日本人...
  • チベット式・寺院参拝の心得 12月になり、そろそろ年末が近づいてきました。これからの年末年始には神社や寺院などを参拝する機会も多く...

タグ