仏説部

仏教のなかで最も重要な文献はやはり釈尊の説かれた教えです。しかし残念なことに私たち日本人は日本語の大蔵経をもっていません。明治時代の終わりくらいから日本でも近代仏教学がはじまり、大蔵経を編纂するプロジェクトが多くありましたが、今日ではその多くが既に絶版となっていたり、入手するのが非常に困難な場合も多いです。ここではチベットの仏教で日常的に読誦されている経典を現代の日本語に置き換えて読みやすくした実験をしています。

コメント・質問をどうぞ