大本山大聖院・怖畏金剛尊息災護摩供・特別施主

¥10,000

大聖院の開山 弘法大師を通じて日本に伝えられた密教は、『大日経』『金剛頂経』といった瑜伽タントラが中心であるのに対し、チベット仏教では、中国・日本に伝わらなかった無上瑜伽タントラを中心としています。

無上瑜伽タントラに基づく護摩供養は、瑜伽タントラの護摩修法の延長線上にあり、息災・増益・敬愛・降伏の四種護摩に分類されます。ゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパが『蘇悉地経』『勝楽生タントラ』などの経典や註釈を援用して護摩義を大成し、現在もその伝統に基づいて護摩修法がなされています。無上瑜伽タントラの護摩供養では、瑜伽タントラが胡麻を投入するのに加えて、大麦、吉祥草、米、五甘露を投入し、柴木も蜜分を多く含むものが使用されます。また火天の眷族だけではなく、怖畏金剛十三尊に対する供養もなされ、瑜伽タントラの護摩供養にくらべ、密教のさまざまな儀式のなかでも最大規模の護摩供養の修法となっております。

この息災護摩は、すべての生きとし生けるものが、常に平和で健康な生活をし、長寿を実現し、より一層経済的・精神的に繁栄する祈願を込めて行われます。導師は怖畏金剛を成就し、自他すべての衆生の罪や障を燃やし尽くし清浄にするために様々な供物が捧げられます。小さな水の滴でもそれらが積み重なり大海となるごとく、この護摩供養に対してわずかでもみなさまのお気持ちを奉納することは、「すべての生きとし生けるもののために供養する」という大いなる善業となります。

2001年のケンスル・リンポチェがはじめて大聖院にて護摩供養を行って以来、今年で19回目となるこの護摩供養は、これまで弊会で招聘してきた歴代のラマたちの中心となる方々によって修法されてきたものです。このような大規模で正式な護摩供養を毎年行なっているのはこちらだけであり、大変貴重な機会なご縁となります。

本「特別施主」は、護摩壇を前日(11月22日に)厳島の大本山大聖院本坊に開壇し、厳島の諸々の神々や諸仏に供物を捧げ、今回の護摩供法要のために土地を貸していただく法要から、法要の本会の前の序会として、弥勒殿にて怖畏金剛尊の生起次第法を修習し、護摩供を行い、その後に発遣の儀式を行い、破壇するところまでの、すべての修法の意図をご理解し、協賛してくださる施主にあたります。

日時:2019年11月23日(祝)13:00-   特別法要 怖畏金剛尊の大護摩供
会場:大本山 大聖院(広島県廿日市市宮島町210)

解除

商品コード: jinseg_sponsor 商品カテゴリー: ,