仏説部第二・般若部 21帙

¥30,000

第二般若部には、21帙ありその内訳は以下の通りです。

  • 十万頌般若経/12帙 Tohoku No.8
  • 二万五千頌般若波羅多経/3帙 Tohoku No.9
  • 一万八千頌般若波羅多経/3帙  Tohoku No.10
  • 一万頌般若波羅多経/2帙 Tohoku No.11
  • 八千頌般若波羅多経/2帙 Tohoku No.12
  • 二十五種般若波羅多経/1帙

本大蔵経について

  • 本チベット大蔵経は2006年11月1日にダライ・ラマ法王による日本別院のご訪問の際に法王ならびに本山デプン・ゴマン学堂の職衆によって善住開眼法要によって開眼された大変貴重なものです。
  • 本デルゲ版チベット大蔵経は、チベットのデルゲ印刷所から入手した木版をベースにしたオフセット印刷版です。
  • すべて伝統的な赤いインクで印刷されています。そのためこれを読む者は眼が疲れにくいようになっています。

奉納方法と流れ

  • 奉納者の願意とお名前は、同じく赤いインクにてチベット文字ならびに漢字によって各々の経帙の最終ページに記載されます。
  • 奉納者の氏名・願意は、別途台帳に記載されるものであり、公開されるものではありません。
  • 各帙の奉納者が決まり、各部の全帙の奉納者が決定し次第、釈尊の四大節の法要の際に、本堂にて善住法要を行います。
  • 奉納が完了しました経帙は、未来永劫厳重に保管されます。
  • 奉納後は日本別院にて釈尊の四大節に合わせて、部の順序に従い、転読法要を行います。
  • 大蔵経の奉納料は、伝統にしたがって、弊会の身口意の所依(仏像・経典・仏塔)の整備と護持にのみ利用され、一般的な管理費や運営費などの他の用途には利用されることはありません。
クリア

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: