仏説部第一・律部 13帙

¥30,000

チベット大蔵経デルゲ版の仏説部は律よりはじまります。律部は全体で21帙あり、これらがいわゆる経・律・論の三蔵のうちの「律蔵」にあたります。「律」とは、修行者の生活規則について定めたものであり、仏教の基礎を形成しています。仏説部律部には、具体的には次のような経典が含まれています。

内容

  • 『律本事』Vinaya-Vastu DK no.1
    • 『根本説一切有部毘那耶 出家事』(T1444)
    • 『根本説一切有部毘那耶 随意事』(T1446)
    • 『根本説一切有部毘那耶 安居事』(T1445)
    • 『根本説一切有部毘那耶 皮革事』(T447)
    • 『根本説一切有部毘那耶 薬事』(T1448)
    • 『根本説一切有部毘那耶 羯恥那衣事』(T 1449)
    • 『根本説一切有部毘那耶 破僧事』(T1450)
  • 『波羅提木叉経』Pratimokṣasūtra(『根本説一切有部戒経』 T1454)DK no.2
  • 『律分別』Vinayavibhaṅga(『根本説一切有部毘那耶』T1442)DK no.3
  • 『比丘尼波羅提木叉経』 Bhiikṣuṇī Pratimokṣasūtra (『根本説一切有部苾芻尼経』T1455)DK no.4
  • 『比丘尼律分別』 Bhiikṣuṇī Vinaya Vastu (『根本説一切有部苾芻尼毘奈耶』T1443)DK no.5
  • 『律小事』Vinaya-kṣudraka-vastu(『根本説一切有部毘奈耶雑事』T1451)DK no.6
  • 『律上分』Vinaya-uttaragrantha DK no.6T欠

本大蔵経について

  • 本チベット大蔵経は2006年11月1日にダライ・ラマ法王による日本別院のご訪問の際に法王ならびに本山デプン・ゴマン学堂の職衆によって善住開眼法要によって開眼された大変貴重なものです。
  • 本デルゲ版チベット大蔵経は、チベットのデルゲ印刷所から入手した木版をベースにしたオフセット印刷版です。
  • すべて伝統的な赤いインクで印刷されています。そのためこれを読む者は眼が疲れにくいようになっています。

奉納方法と流れ

  • 奉納者の願意とお名前は、同じく赤いインクにてチベット文字ならびに漢字によって各々の経帙の最終ページに記載されます。
  • 奉納者の氏名・願意は、別途本堂内内陣に設置する台帳に記載されるものであり、公開されるものではありません。
  • 各帙の奉納者が決まり、各部の全帙の奉納者が決定し次第、釈尊の四大節の法要の際に、本堂にて善住法要を行います。
  • 奉納が完了しました経帙は、未来永劫厳重に保管されます。
  • 奉納後は日本別院にて釈尊の四大節に合わせて、部の順序に従い、転読法要を行います。
  • 大蔵経の奉納料は、伝統にしたがって、弊会の身口意の所依(仏像・経典・仏塔)の整備と護持にのみ利用され、一般的な管理費や運営費などの他の用途には利用されることはありません。
クリア

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: