正月神変祈願大祭


作成日: 2017-02-23 最終更新日: 2017-02-23 作成:野村 さおり

神変祈願大祭とは

神変祈願大祭じんぺん・きがんたいさい」とは、所謂「舎衛城しゃえじょうの神変」と呼ばれる故事に因んだ大乗仏教の縁日です。

お釈迦さまが御歳57歳の時の正月朔日から15日までコーサラ国の首都シュラーヴァスティ(舎衛城)にてプラセーナジット王以下15名の王たちが施主となって釈尊を供養した時、15日間毎日さまざまな神変(奇跡)を起こし一切衆生の功徳を増大させたという所謂「舎衛城の神変」と呼ばれる故事に因んでいます。

特にチベット仏教ではこの縁日は「釈尊の四大節」にも数えられ、ゲルク派の宗祖ジェ・ツォンカパ大師(1357-1419)がチベットの首都ラサのトゥルナン(大昭寺)で創始して以来、今日まで正月の大祭として続いております。

なかでも釈尊が外道の六師を駆逐した正月8日から15日までの一週間はラサの市民が全員集合し灯明をともし、亡くなった者の冥福を祈り、すべての生きとし生けるものの幸福を祈る「祈りの週間」となっております。当学堂の出身者で、清朝の大ラマとなったチャンキャ二世ロサン・チューデンもこの時期に積んだ善業は通常の百千万倍の功徳を積むことになると説明しております。

日程

  • 2017年3月5日(日)〜3月12日(日)
  • 第17ラブジュン火酉歳正月7日〜15日※本年の正月8日は欠日のため7日から開催いたします

【特別祈願法修法】

  • 午前の法要 10:00〜11:30
  • 午後の法要 15:30〜17:00
  • 期間中毎日行われます。

【神変大祈願祭 緑多羅四曼荼羅供養】

  • 3月5日(日) 午前の法要にて

【神変大祈願祭 護法尊供養】

    • 3月6日(月) 午後の法要にて

【神変大祈願祭 開運焼香供養】

      • 3月8日(水) 午前の法要にて

ご祈願・ご供養のご案内

特別一日施主

釈尊が舎衛城で神変を起こされた時に、毎日異なる施主が参列した僧衆を供養したことに基づき、本大祭では毎日異なる施主を8日間それぞれ3名ずつ募集いたします。午前の献茶式、午後の献茶式、日例法座において、僧衆ならびに参拝者全員にお茶をご接待し、釈尊へと曼陀羅供養をいたします。

またご来山の上施主をお勤めになられたい方はご希望の日時をお知らせください。

      • ※定員24名限定(先着申込順)曼陀羅供養料 10,000円

特別慰霊灯明供養

既に亡くなられたご家族やご友人の御慰霊を弔い、灯明を一日中灯し、極楽往生願文などの八種祈願を行います。お亡くなりになられた方の俗名・法名・戒名とご希望の日数をお書きの上、お申し込みください。先祖代々の慰霊供養の場合には、名前の欄は「…家代々」とお書きください。

      • 灯明料 一日間 一件500円

神変大祈願祭特別供酒祈願

期間中夕刻、聖天・不動明王・大黒天・弁財天・吉祥天女・夜摩法主・毘沙門天・四天王・八部衆なの護法尊にお神酒を捧げ、みなさまに変わってお祈りいたします。

      • 祈願のための仏前酒料 3,000円

神変大祈願祭 緑多羅四曼荼羅供

チベット暦8日にあたる日には、すべての仏の活動を象徴する緑ターラー菩薩を補蛇落浄土から招請し、供養マンダラを4つ捧げ、一切の諸仏の活動を促すためのお願いをします。初日(2月26日)に午前の法要にて、通常の月よりも広大に緑ターラーへの供養を行います。

      • 供養料 3,500円

神変大祈願祭 護法尊特別供養

チベット暦9日にあたる日には、護本尊たちの供養をします。憤怒尊たちにトルマや黄金の飲料(セルケム)を捧げて、仏法の護持興隆、仏教の実践者の順縁成就、逆縁消除をの活動を依頼します。2月27日に午後の法要にて、通常の月よりも広大に供養を行います。

      • 供養料 3,500円

http://www.mmbastore.com/?mode=cate&cbid=2007040&csid=0

MMBA Store →
MMBAストアで神変大祈願祭の申し込みをする