記事一覧

キーワード: 龍蔵院


釈尊への曼荼羅供養法要サカダワの受付一部終了と京都法話会6月24日のご案

釈尊への曼荼羅供養法要サカダワの受付一部終了しました。施主のお申し込み、供養のお申し込みをいただきありがとうございます。ゴペルリンポチェをお迎えして、法要・法話会を行って参ります。なお、近畿(京都安楽寺さまにて)法話会を […[…続き]

2017.06.01 事務局



夜も白むころ

リンポチェ来日前に、2013年のデプン・ゴマン学堂での様子を。この時にはゲンロサンがダライ・ラマ法王から重責を賜ることもその直後に、ご逝去されることにも思いは寄らず、リンポチェの来日がこれほど早まるとは思ってもいませんで […[…続き]

2017.05.16 事務局



釈尊への曼荼羅供養法要サカダワ(5月の定例法話会は6月3日・4日に変更)

「サカダワ大祭」とはカーラチャクラ・タントラに基づく伝統的なチベット暦サカダワ(四月)に行われる釈尊の降誕・成道・涅槃に因んだ大乗仏教の縁日です。特にチベットではサカダワの朔日から十五日まで潔斎して、在家信者・出家信者を […[…続き]

2017.05.16 事務局



5月14日-22日 火申歳サカダワ大祭

「サカダワ大祭」とはカーラチャクラ・タントラに基づく伝統的なチベット暦サカダワ(四月)に行われる釈尊の降誕・成道・涅槃に因んだ大乗仏教の縁日です。特にチベットではサカダワの朔日から十五日まで潔斎して、在家信者・出家信者を […[…続き]

2016.05.03 事務局



龍蔵院春季大祭が行われました。

昨日5月1日は龍蔵院の本尊大聖歓喜天の大祭の日。龍蔵院では数日前からアボたちをはじめいつも来られる信徒のみなさまと準備が進められ、今年もウグイスのよく鳴く気持ちのいい春風の中で、アットホームな雰囲気のなか、職衆に宝勝院・ […[…続き]

2016.05.02 野村 正次郎



日本初のチベット僧院

龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院は日本ではじめての「正式なチベット仏教僧院」です。チベット仏教の総本山デプン・ゴマン学堂の別院として2004年7月に創設されました。その目的は主にチベット仏教とその文化を日本に紹介するため […[…続き]

2010.07.27 事務局



龍蔵院とは

龍蔵院の御縁起  龍蔵院の御本尊の大聖歓喜天は、御丈五寸五分純金の御姿で、毛利家代々の持仏と言われています。  天正十七年(1589年)2月26日、毛利輝元(1553-1625)公は広島城を築城するにあたり二葉山から牛田 […[…続き]

2010.07.27 事務局



日本別院

日本唯一の正式なチベット仏教である龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院では、チベット仏教総本山から派遣された僧侶たちが常駐し、インドに行かなくても、どなたでも本場のチベット仏教に触れる機会をご提供しています。[…続き]

2010.07.27 事務局