記事一覧

キーワード: 師資相承供養


日本別院ができたわけ

新年の長い休みが終わったり、これからようやく休みだったり、様々な松の内を過ごされたことと存じます。親しい方々とむつみあうときを過ごされた方もいらっしゃったかと。幼い頃はいとこと遊ぶ正月、始まった学校でのゴム跳びが楽しみだ […[…続き]

2018.01.09 事務局



あす1月3日・弥勒祈願祭を宮島・大聖院にて行います(8日はございませんの

明けましておめでとうございます。みなさまのお心がお寺に寄せられ、リンポチェとアボさんのおかげで、ぶじチベット寺も年越しを致しました。ありがとうございます。 新年は久しぶりに宮島大聖院さまにて、お守りをさし上げるため昼夜を […[…続き]

2018.01.02 事務局



降臨大祭特別法話会(秋季特別集中法話会)

仏教の基礎から奥義までを二日間、みっちりゴペル・リンポチェに集中講座をしていただきます。この機会にきちんと仏教の教えを学んでみませんか?[…続き]

2017.11.01 事務局



夕刻の読経と秋の法要のご案内

きびしい夏の暑さを生き抜き、今はもういなくなった夏のいきもの。アボさんたちの洗濯物に、リンポチェの袈裟にとまっていた彼らも、もはやいなくなってしまいました。いつまでもあるものは一つとしてなく、すべからく遺った力あるものは […[…続き]

2017.09.24 事務局



ターラの泪、カラスの手

仏説はもとより、何気ない会話に出てくるお話にもほほうと唸ることがよくあります。 アサンガの弟のヴァスバンドゥが木の下で延々とお経を読み続けた時、枝に止まっていたカラスが、よくわからずとも宿り木として、そばを離れず、聴聞し […[…続き]

2017.08.29 事務局



むしのホバリング 5月のおしらせ(*リンポチェ来日に伴い後半は変更の可能

お寺にはたくさんの生き物がいて、200段の階段をのぼる足元にも目の前にもやってきます(私がやってきたともいう)小さな虫が、羽音もたてず静かにホバリングするさまは見事でしばらくうっとり見入ってしまいます(階段が苦しいわけで […[…続き]

2017.04.30 事務局



4/30法話会はお休み・まいにちアボさん

大変申し訳ございません。4/30(日)の定例法話会はおやすみとなります。待ちに待った便りが参りましたので、近くお知らせすることが叶いますが、今月の法話会には間に合いませんでした。 最近のアボさんは 竹やぶに入って笹をとり […[…続き]

2017.04.17 事務局



4月16日(日)尾道浄土寺に参ります。4月、5月のお経は、、、

仏教は天文学的な時間軸で物事を捉えます。たとえば劫という時間の単位がそうです。そして仏教は生きとし生けるものすべてに平等であると思います。 ブッダが罰を与えることはなく、自分に起こることはすべて自分に原因があるとしていま […[…続き]

2017.04.11 事務局



ラマからラマへ手渡してゆく法という宝〜師資相承供養

仏教は天文学的な時間軸で物事を捉えます。たとえば劫という時間の単位がそうです。そして仏教は生きとし生けるものすべてに平等であると思います。 ブッダが罰を与えることはなく、自分に起こることはすべて自分に原因があるとしていま […[…続き]

2017.03.18 事務局



アボさんご出立前のラマチュバとスンチュ

八面六臂のご活躍で、お一人でお寺をお守りくださったアボさんもいよいよ南インドへご出立です。 週末は 11月26日(土)夕方4時からラマチュバ(師資相承)広島龍蔵院デプンゴマン学堂別院 11月27日(日)午後1時からスンチ […[…続き]

2016.11.24 事務局


12