記事一覧

キーワード: ツォンカパ


三士菩提道次第広論・廻向文

ここに永く励むことによって二資糧を 虚空の如く広大に積集せるもののすべてが 慧眼を無明で覆われたすべての衆生たちを 引導する勝者の自在者に我ならんことを そこに至るまではすべての世を超えて 文殊師利の慈に摂取し給われて […[…続き]

2016.09.18 野村 正次郎



功徳の基盤

[帰敬文] 至尊大師たちに頂礼します。 [師事作法] すべての功徳の基盤たる恩師に 正しく師事することが道の根本である そう正しく見て大いに努めることで 大いなる敬意を以て帰依できるよう加持し給え [有暇具足] ひとたび […[…続き]

2016.09.18 野村 正次郎



道の三種根本

[帰敬文] 至尊大師たちに頂礼します。 [礼賛] 勝者(仏陀)の教説すべての核心たる意味 勝子たちによって称賛されている道 幸運な解脱を求める者たちの門 これらを私が出来る限り説明してみたい [著作宣誓] 今生の幸福に執 […[…続き]

2010.09.18 野村 正次郎



ゴマン学堂の歴史

デプン大僧院の創立 デプン大僧院は正式名称を「パルデン・デー・カル・プンパ」(吉祥なる、白米の蓄積所)といい、仏陀が『時輪根本タントラ』(カーラチャクラタントラ)を説かれた場所シュリー・ダーニヤカタカ(現在のインド・アマ […[…続き]

2010.07.26 事務局



デプン・ゴマン学堂

チベット三大学問僧院のひとつであり、歴代のダライ・ラマを教育する僧院であったデプン大僧院は、ゲルク派の開祖ツォンカパの弟子、ジャムヤンチュージェ・タシーパルデンにより、西暦1416年に建立されました。 ゴマン学堂はその顕 […[…続き]

2010.07.26 事務局