記事一覧

キーワード: サカダワ


サカダワ大祭の法要がはじまりました

本年度のサカダワ大祭の特別法要がはじまりました。 本日はターラー菩薩をはじめとする諸尊に曼荼羅を捧げて供養する緑多羅四曼荼羅供が行われ、参拝者の方には、ターラー菩薩の真言の口伝が授けられ、日常的にターラー菩薩を供養するこ […[…続き]

2017.06.02 事務局



釈尊への曼荼羅供養法要サカダワの受付一部終了と京都法話会6月24日のご案

釈尊への曼荼羅供養法要サカダワの受付一部終了しました。施主のお申し込み、供養のお申し込みをいただきありがとうございます。ゴペルリンポチェをお迎えして、法要・法話会を行って参ります。なお、近畿(京都安楽寺さまにて)法話会を […[…続き]

2017.06.01 事務局



夜も白むころ

リンポチェ来日前に、2013年のデプン・ゴマン学堂での様子を。この時にはゲンロサンがダライ・ラマ法王から重責を賜ることもその直後に、ご逝去されることにも思いは寄らず、リンポチェの来日がこれほど早まるとは思ってもいませんで […[…続き]

2017.05.16 事務局



釈尊への曼荼羅供養法要サカダワ(5月の定例法話会は6月3日・4日に変更)

「サカダワ大祭」とはカーラチャクラ・タントラに基づく伝統的なチベット暦サカダワ(四月)に行われる釈尊の降誕・成道・涅槃に因んだ大乗仏教の縁日です。特にチベットではサカダワの朔日から十五日まで潔斎して、在家信者・出家信者を […[…続き]

2017.05.16 事務局



カディンチェ サカダワの法要が終わりました

おかげさまでサカダワの法要を終えました。 期間中、朝早くから落ち葉を掃いて、パンとミルクティーだけで朝食をすませると部屋で先づお経、10時からお昼まで本堂にてお経、精進料理で昼食をすませるとお部屋でお経、3時にミルクティ […[…続き]

2016.05.22 事務局



サカダワ大祭 奉納龍笛コンサート

サカダワ大祭最終日に合わせて、龍笛コンサートを開催します。 奏者は宮城県出身の山下進さん。「龍」笛と「龍」蔵院にご縁を感じていただき、奉納演奏をしてくださることになりました。 午後3時より30分間、龍笛の調べに心を安らか […[…続き]

2013.05.21 事務局



満月はサカダワ

日本で金環日食が観測された5月21日はチベット暦の4月朔日で、満月の4月15日は「サカダワ」(ས་ག་ཟླ་བ་)、お釈迦様が地上に降誕され・成道され、涅槃なされたとされる日です。 この期間、チベットでは肉を食しません。 […[…続き]

2012.05.24 事務局



大祭・特別行事

日本別院では、チベット仏教の伝統的な暦に則って各種の法要や大祭などを行なっております。 チベット仏教における縁日の意味 仏教の教祖、釈尊は、すべての生きとし生けるものが苦しんでいる姿に堪え難くなり、無上なる覚りを開こうと […[…続き]

2011.03.03 事務局