記事一覧

キーワード: ゴマン学堂日本スタッフ


チベット仏教語専門通訳人材養成プログラム対象者の募集

ダライ・ラマ法王の法話をチベット語ですべて理解したり、チベット仏教の法話ならびに通訳・解説者となるためには、特殊な訓練を受けなければできません。本来ならば、こうした語学教育は、大学や大学院などといった専門の教育機関で行う […[…続き]

2014.06.21 事務局



新任のゲシェーはゲレク師が再任することとなりました

ゴマン学堂から日本担当のゲシェーとして、ハルドン・ゲシェーラランパ・ロサン・ゲレク師が再任、2014年5月1日より着任することが決定しましたのでお知らせ申し上げます。 ゲレク師は、現ゴマン学堂管長ケンリンポチェ・ユンテン […[…続き]

2014.04.12 事務局



ゴマン学堂では日本担当の新任のゲシェーを選定中

ゲンギャウが帰国してからもう半年になりますが、日本担当の新しいゲシェーを現在ゴマン学堂では選定中です。いましばらくしたら新任のゲシェーが決まる予定です。 これまでに多くのゲシェー・ラランパが日本に来られましたが、ゴマン学 […[…続き]

2014.01.20 事務局



ゲン・ゲレク師

ゲシェーラランパ・ロサン・ゲレク師プロフィール 1962年 チベット・カム地方リタンに生まれる。(現在の四川省理塘県) 1979年 リタン大僧院にて沙弥戒を受け、出家する。 1985年 インドに亡命し、デプン・ゴマン学堂 […[…続き]

2011.09.19 事務局



気配り上手

お坊さんたちと接していると、その気遣いの素晴らしさに驚く。相手のことを思いやり、相手が何か欲しいか細かく観察するその洞察力はどこからくるのだろうか。 高僧になると、日常生活を手伝ってくれる僧侶が必ず一人はいる。その僧侶た […[…続き]

2011.04.06 LOBSANG DROLMA



ゲン・ロサン師

チベット仏教の次世代の指導者となる化身ラマをデプン・ゴマン学堂では常時数十人育成しています。その化身ラマのなかでも最も重要なラマであるクンデリン・リンポチェの教育係としてダライ・ラマ法王に任命されているゲン・ロサンは、ゲ […[…続き]

2010.08.17 事務局



アボ(ロサン・プンツォ)

2004年の日本別院の開創以来、日本別院スタッフとして常駐し、悩み相談から砂曼荼羅の制作まで活躍するロサン・プンツォ師は、実弟ゴペル・リンポチェから「アボ」(兄貴)と呼ばれていることからも、日本では「アボ」と呼ばれている […[…続き]

2010.07.27 事務局



ゲン・ギャウ師

ラダック地方ザンスカール生まれの「ゲンギャウ」ことゲシェー・ロサン・イクニェン師はデプン・ゴマン学堂の元の寺務局長をつとめ、何十人もの弟子を養成し、ゴマン学堂の護法堂の経頭も勤められた儀式のプロフェッショナルです。ゲンギ […[…続き]

2010.07.27 事務局



ケンスル・リンポチェ

チベット仏教ゲルク派総本山デプン・ゴマン学堂の第75代学堂長ケンスル・リンポチェ・ゲシェーラランパ・テンパ・ゲルツェン師は、財団法人東洋文庫外国人研究員を長くつとめ、現在の日本のチベット研究者を指導し、その後、MMBAの […[…続き]

2010.07.27 事務局



日本初のチベット僧院

龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院は日本ではじめての「正式なチベット仏教僧院」です。チベット仏教の総本山デプン・ゴマン学堂の別院として2004年7月に創設されました。その目的は主にチベット仏教とその文化を日本に紹介するため […[…続き]

2010.07.27 事務局


12