記事一覧

キーワード: ゲン・ギャウ


ラダックより「タシデレー」

「タシデレ〜!」 ラダックのトンデ寺院におられるゲン・ギャウからお電話がありました。 「本当はみなさんに電話をしたいのだけど、そうもいかないから。 みなさま、来年もよい年をお迎えください、とお伝えください」とのことです。 […[…続き]

2015.12.28 事務局



彼岸花を見ずに旅立ったゲンギャウへ

暑さ寒さも彼岸まで 一体いつ終わるんだろうと思っていたあの猛暑も、いつの間にか朝晩は涼しくなり、今年もお寺の彼岸花が白い顔(お寺の彼岸花は白いのです)を見せてくれました。 この白い彼岸花はお寺のお世話をよくして下さる方か […[…続き]

2013.09.19 事務局



善い仏縁は1日にして成らず(仏縁その2 )

龍蔵院では毎月1日と16日が本尊大聖歓喜天のご縁日で高野山真言宗の伝統にのっとったご供養が行われています。 法要の前日には平均年齢70を超えた檀家さんたちがお掃除に来て下さいます。その中でも必ず毎回来て下さる老夫婦がある […[…続き]

2013.07.19 事務局



どうぞ おげんきで おすごしください。また あいましょう。

「サヨナラ〜」と手を振ってお客様を見送った後、ゲンギャウが「日本人はあまり“サヨナラ”と言いませんね」と言われたので、 「そうですね。“さようなら”と言うと、本当に別れてしまう感じがするからかもしれません。“また明日”と […[…続き]

2013.05.31 事務局



若貴

先日のフェアウェルパーティーで こんなに素敵な花束をいただきました。 自分がもらったかのように喜ぶアボさんですが、まるでゲンギャウさんが優勝したかのようです。 70名近い出席者との思い出を、たくさん思い出したと後日感慨に […[…続き]

2013.05.18 野村 さおり



ゲンギャウの最終法話会「心の糧となる仏たちの教え」

5月末日をもって弊会を退任されザンスカールのトンデ僧院の僧院長に就任なされるゲン・ギャウ(ゲシェー・ロサン・イクニェン)師の最終法話会を以下の通り行うこととなりましたのでご案内申し上げます。 ゲンギャウのお話は通常の私た […[…続き]

2013.03.15 事務局



お坊さんは島育ち?

現在日本別院にいらっしゃるお坊さんたちは、ゲン・ギャウとアボさんが8年近く、一番短いゲン・チャンパでも3年と、ずいぶん長期間日本で活動して下さっています。 海のないチベットと、海に囲まれた日本での食文化はかなり違うところ […[…続き]

2012.05.19 事務局



もてなしの心

「世界中で一番、客人をよくもてなすのはチベット人じゃないかな」 とチベット人の友人。 「何も自分がチベット人だからそう言うんじゃない。自分の見てきた国と比べて、そう思うんだ。チベット人は家に客人がきたら誰でも歓迎して迎え […[…続き]

2012.05.17 LOBSANG DROLMA



食べる

「鹿は幸せです」 と、ゲンギャウさん。 茶の間で野生動物を写したテレビ番組を見ていると、ちょうど画面に、雪山をゆく鹿の姿が映し出された。 「鹿は他の生き物を殺す必要はないから、罪を積む必要はないしね」 「でも、ライオンや […[…続き]

2011.01.13 LOBSANG DROLMA



ゲン・ギャウ師

ラダック地方ザンスカール生まれの「ゲンギャウ」ことゲシェー・ロサン・イクニェン師はデプン・ゴマン学堂の元の寺務局長をつとめ、何十人もの弟子を養成し、ゴマン学堂の護法堂の経頭も勤められた儀式のプロフェッショナルです。ゲンギ […[…続き]

2010.07.27 事務局


12