記事一覧

カテゴリ: 菩提道次第略論


G3 菩薩の所学を如何に学ぶのかの次第

G3には二つ。H1大乗全般の学習次第、H2特に金剛乗の学習次第。 H1 大乗全般の学習次第   H1には三つ、I1菩薩の所学を学びたいという意欲を培う、I2それを培い勝子の律儀を授かる、I3それを授かった後にどのように学 […[…続き]

2016.09.25 野村 正次郎



G1 菩提心修習次第

H1ジョウォ大師より相承しているものには因果七訣、H2勝子シャーンティデーヴァに由来する〔自他等換〕に基づいて修習するものとの二つがあると思われる。[…続き]

2016.09.18 野村 正次郎



I3 止観とは何か

まず止(奢摩他)とは一体何かといえば『解深密経』では次のように説かれている。 彼はひとり静かな場所にいて、内に正しく置き、如実に善く思う法に心を巡らせて、その心で作意したその同じものを作意し、その作為した心でその心の内に […[…続き]

2012.01.30 事務局



I2 その二つにすべての定が含まれること

大乗・小乗のあらゆる禅定のすべてのものも止観にまとめることができると『解深密経』では説かれている。したがって、禅定を追求する者は、その下位のすべてについて議論することは不可能であるので、一切の禅定に共通する項目である止観 […[…続き]

2012.01.30 事務局



I1 止観修習の功徳

大乗・小乗の世間・出世間のすべての功徳は、止観の結果であると『解深密経』で説かれる。 「止観は修所成を獲得した後の相続の功徳ではないのだろうか、それらの功徳の一切がその二つの果であると何故言えるのだろうか」と思うかも知れ […[…続き]

2012.01.29 事務局



H2 特に後二波羅蜜をどのように学ぶのか

 特に〔禅定波羅蜜・智慧波羅蜜という〕後二波羅蜜を学ぶのか、ということは止観をどのように修習するのか、ということである。何故ならば、その二つは、順に禅定波羅蜜・智慧波羅蜜に含まれるものであるからである。  このことについ […[…続き]

2012.01.29 事務局



L2 他者の心を成熟させる菩薩行

四摂事とは “布施”とは以前の波羅蜜の箇所で解説した通りであるが、“愛語”とは所化に波羅蜜を説くことである。“利行”とは説いた通りの利益を所化が享受するようにさせたり、正しく受持するようにさせることである。“同事”とは他 […[…続き]

2010.04.25 事務局



M6 智慧波羅蜜

M6には三つ、すなわちN1 智慧とは何か・N2 智慧の分類・N3 心相続に如何に起こすか。 N1 智慧とは何か 一般的に智慧とは、考察している事物において法を決択するもののことであるが、ここでは五明処に通じることなどの智 […[…続き]

2010.03.28 野村 正次郎



M5 禅定波羅蜜

M5には三つ。すなわち、N1 禅定とは何か・N2 禅定の分類・N3 心相続に如何に起こすかである。 N1 禅定とは何か 〔禅定とは〕何らかの善なる所縁に一境に住している心のことである。 N2 禅定の分類 その個体の観点で […[…続き]

2010.03.28 事務局



I3 菩薩戒を授戒して如何に学ぶのか

I3 には三つ、すなわちJ1 学ぶための基盤・J2 そこに所学がどのように纏められるのか J3 そこでどのように学ぶのかの次第 。[…続き]

2010.03.27 事務局


12345...