作成日: 2010-03-27 最終更新日: 2016-09-23 作成:事務局

【K1 有情に対する平等心を成就する】

すでに小士・中士の箇所で説明したように、前行等の諸々の次第(1)いわゆる七支作法と呼ばれるもの。『普賢行願』に説かれる礼拝、供養などのこと。をここでも執り行わねばならない。

そこで、まず最初にある特定の有情を好み、ある特定の有情は嫌うという差別化をやめて、平等心(捨)を達成できないのなら、慈心や悲心などが生じててもそれは差別的なものとして生じるに過ぎないのであって、無差別に観ている捨を修習しなければならない。〔捨にも二つあるが〕そのうち諸々の有情に対して好き嫌いをする等の煩悩無きものを達成する形相を伴うものと、有情を好き嫌いすることから離れた平等心との二つが説かれているが、ここで〔修習すべき捨と〕は後者である。

これを修習する次第は生じやすくするためには、まず最初に全く何らの利害のない中間の存在を観想の対象とし、それを通じて貪や瞋等を取り除き平等心を成就しなければならない。それ(中間の存在)に対して平等心が成立したらその次に、親類や友人などに対する捨を成就する。それ (親族や友人)に対して心が平等にならないのは、貪瞋のいずれかへと偏っているか、もしくは貪欲の大小によって心が均等にならない〔ことによっている〕のである。それ (親族や友人)に対して心が均等になれば、敵対者への平等心を修習する。それ(敵)に対して心が均等にならないのならば、それはどうしても協調できないという嫌悪感によっている。それ(敵)に対して心が均等になるのならば、一切有情に対する平等心を修習する。これにはまた二つ〔の側から修習する方法が〕ある。〔まずは〕有情の側から〔考えて〕、すべての者が楽を欲し、苦を欲さないという点については等しいので、ある特定のものを近しく捉えて利益したいと思い、別のものを遠く捉えて害したり、利益したくないと思うことは正しくない、と思うのである。〔次に〕自分の側から〔考えて〕、無始時以来、輪廻に有情は何百回も自らの親族でなかったものはひとりもいない、一体どうしてこれは執着すべき対象であり、これは嫌悪すべき対象であるということになるだろうか、と思うのである。こうしたことは『修習次第中篇』で説かれている。また親族や友人に対する愛着については、『月上女所問経』で、

過去において私はあなたたち全員を殺したこともある。あなたたちも過去において私を切り裂いたことがある。我々は全員お互いに敵であったし、また殺人犯であった。あなたたちはいまさらどんな愛着心を起こすというのだろうか。DT191 Tsa 231b4-5; Taisho 14 No. 480, 618c

と説かれており、〔輪廻の〕過去には確定が無いことに関する過失の箇所で説明したように、敵・味方も直ちに変化してしまう様相を思い、それによって貪瞋の両方ともを退けるのである。

こうしたもの(以上の捨の修習法)は敵・味方を区別したことに基づいてなさなければならないので、敵・味方という感情〔それ自体〕を退ける必要はないが、敵・味方という理由によって貪・瞋〔を起こし、そのことに〕によって差別化している意識を退けるのである。

注釈   [ + ]

1. いわゆる七支作法と呼ばれるもの。『普賢行願』に説かれる礼拝、供養などのこと。