作成日: 2010-01-11 最終更新日: 2016-09-23 作成:事務局

C1 確信を起こさせるために若干敷延して説明する

弟子の相続に功徳や過失が見え隠れするすべての善楽の根本は勝れた善知識にあるので、まず最初にそれに対する師事作法が重要となる。これについては六つある。すなわち、D1師事すべき善知識の条件D2師事する弟子の条件D3 彼がそのような人にどのように師事する方法D4 師事することの功徳D5 師事しないことの過失D6 それらの要約