Notice: Undefined offset: 0 in /home/kokonor/mmba.jp/public_html/wp-content/themes/mmba960/single.php on line 4

Notice: Trying to get property of non-object in /home/kokonor/mmba.jp/public_html/wp-content/themes/mmba960/single.php on line 5

Notice: Trying to get property of non-object in /home/kokonor/mmba.jp/public_html/wp-content/themes/mmba960/single.php on line 8

Notice: Trying to get property of non-object in /home/kokonor/mmba.jp/public_html/wp-content/themes/mmba960/single.php on line 10

Notice: Trying to get property of non-object in /home/kokonor/mmba.jp/public_html/wp-content/themes/mmba960/single.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /home/kokonor/mmba.jp/public_html/wp-content/themes/mmba960/single.php on line 14
MMBA | 文殊師利大乗仏教会 | B3 聞法者と説法者との両者が最後になすべき作法次第

B3 聞法者と説法者との両者が最後になすべき作法次第


作成日: 2010-01-11 最終更新日: 2016-09-23 作成:事務局

このような説法と聞法との善根を『普賢行願』などの諸々の清浄なる〔廻向などの〕祈願によって広大に確固としたものにしなければならない。

このような仕方で説法し、聴聞するのならば、一度の法座であっても上記に述べた功徳が必ず起こるのである。説法と聞法とが核心に到っていることに基づいて、説かれる法とそれを説く者に対して尊敬の念をもたないといった業障は、過去に積んでしまったものは浄化され、新たに積んでしまうものも、永く留まらずに途絶えるものとなる。

聞法の次第が核心をついているのならば、説かれる教誡も心相続を利益することになるだろう、と考えたので過去の勝れた人々はこのことを強調なさっているのである。特にこの〔道次第の〕教誡〔を相承してきた〕過去のラマたちも強く強調なされているのである。そしてそれこそが偉大なる教誡であると思われる。すなわち、これらのことに対する確信を見出さずに、様々に心を巡らせて甚深にして広大なる法をいくら説明されても、天が魔に成り下がるかの如く、法そのものが雑染を手助けする〔煩悩を促進させる役割を担う〕ものとなってしまう可能性があるのである。そしてこのような事例は大変多いように見受けられる。

それゆえ「朔日に始まれば十五日まで」と言われている通りであるので、聞法と説法とを如何にして道へと昇華させるのか、というこの次第について、智慧ある人々は努めて説法と聞法が幾らあろうとも最低でも〔これらの次第の〕ひとつでも具えるようにしなければならない。何故ならば、教誡を説くための最高の前行こそが、これであるからである。