作成日: 2016-11-15 最終更新日: 2016-11-15 作成:野村 正次郎

【不動明王祈願法七頌】

migyogonpo

スヴァスティ

世代を超え私が帰依してきた
殊勝なる本尊たる不動明王よ
君の思し召し給わんこと願い
無垢なる祈願を私はたてよう(1)

私はどこに生を受けるとも
勝天たる君の無垢なる修誦を
三門の帰敬によって修行し
決して放逸せざらんように(2)

本尊たる君を成就する力で
不虚の道を示す賢き善知識が
哀愍の悲心をもて摂取し給い
甚深道を教示し給わんことを(3)

極めて甚深ある近道を
私が敬礼し成す時には
忿怒王たる君の力により
逆縁は寂滅させんことを(4)

我執という強い繋縛により
私が輪廻の牢獄に囚われる時
独り子を母が愛する如く
苦海より解き放ち給え(5)

悪業の強風に翻弄され
悪趣の淵に陥る時には
大悲の御手を伸し給い
悪趣の恐怖から救い給え(6)

要は病魔や厄災は
直ちに残りなく寂滅し
勝者の四身の果位を難もなく
速やかに私が獲得できんことを(7)

世尊不動明王に対する
七偈よりなるこの祈願法を
早く早く造り給えという依頼に
答えてその通り私は記した

以上は領主パルジョルサンポに依頼された時にロサン・タクパが茶席で作ったものである。

以上の不動明王の祈願は、ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパによって書かれた短い不動明王に対する祈願で、龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院にて2004年の開創以来途絶えることなく、毎日の夕会にて読誦されているものです。