LAST UPDATED: 2015.11.14

公開シンポジウム「伝法の未来を考える」2015

gomangtsok

2015年4月5日、弊会はGOMANG ACADEMYの主催で「伝法の未来を考える」と題した公開学術シンポジウムを開催しました。

第1部 回顧・日本における仏教思想の共同研究の基盤


ごあいさつ/長野泰彦(日本チベット学会会長)

  • 福田洋一(大谷大学) チベット仏教研究の過去と未来─東洋文庫からゴマン・アカデミーへ
  • 斎藤 明(東京大学) 中観思想研究の最前線
  • 桂 紹隆(龍谷大学) 日本の仏教論理学研究
  • 武内紹人(神戸市立外国語大学) チベット文明の普遍性 ─古文献研究の視点から

第2部 現代仏教学の研究方法とその発展

  • リー・コリンズ(元Apple) Unicodeとデジタル大蔵経
  • 岩尾一史(神戸外国語大学) 日本におけるチベット学の新潮流─学際的研究チームの構築を目指して
  • 根本裕史(広島大学) チベット仏教研究の三つの視点─論理学・修道論・詩学

結語 ダライ・ラマ法王による総括

司会/野村正次郎(文殊師利大乗仏教会)

Photos