作成日: 2016-01-21 最終更新日: 2016-01-21 作成:事務局

久しぶりにゲン・ゲレクが復帰

GenGelek

チベット出身のお母さんが病気のために、しばらくインドに帰っておられたゲン・ゲレク師が久しぶりに日本に復帰されます。

ゲン・ゲレクはミラノで活躍したり、ゴマン学堂の維那(ゲクー)をなさったり、前管長ユンテン・ダムチュー師の管長代理をなさったり、日本にはいつも数ヶ月間しか居られませんが、もともとはアボの寮の部屋のお隣の方。

たとえ話やジョークも上手で、博学で頭のいいウィットに富んだ先生です。今回は少なくとも初転法輪会まで(半年)はおられるとおっしゃっていますが、ゲン・ゲレクがいつまで居られるのか、それは私たち仏法を学ぶ側の問題なのかも知れません。

今度こそ、ゲン・ゲレクがここに居てみんなを教えよう、という気になって頂くために、できるだけ私たちも今年こそ本格的に仏教を学ぼう、そんな気持ちになれるといいですね。