作成日: 2012-01-30 最終更新日: 2016-09-23 作成:事務局

I2 その二つにすべての定が含まれること

大乗・小乗のあらゆる禅定のすべてのものも止観にまとめることができると『解深密経』では説かれている。したがって、禅定を追求する者は、その下位のすべてについて議論することは不可能であるので、一切の禅定に共通する項目である止観について、それをどのように維持したらよいのか、ということを善く議論しなくてはならない。